Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

鉄道であちこちのんびりと、青春18きっぷ攻略法

青春18きっぷ、日本全国のJR全線の普通列車に丸一日乗り放題という切符で、鉄道旅行、とりわけ貧乏旅行にはもってこいの切符であることは言うまでもないでしょう。そんな青春18きっぷについて、歴史とルール、攻略法についてまとめてみました。

view90

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 青春18きっぷとは?

  • 主に学生などの春季・夏季・冬季休暇期間を利用期間として発売され、原則として新幹線・特急・急行を除く旅客鉄道会社全線の普通列車・快速列車など、運賃のみで乗車できる列車に乗車することができる。
    出典 :青春18きっぷ - Wikipedia
     

    日本全国のJR線の普通列車全線に乗車可能という、画期的な切符と言えるでしょう。
    ただし、いわゆる優等列車には乗車できず、各駅停車や快速などの運賃のみで乗れる列車のみ対象なので、のんびりと旅行する人向けと言えるでしょう。

  • 販売価格は5回(人)分で11,500円。
    出典 :青春18きっぷ - Wikipedia
     

    1回(人)当たり2,300円。この金額で丸1日乗り放題なら、とてもお買い得と言えるでしょう。

  •  

    昔は5枚つづりの切符で、1枚で1日でばら売りも個人レベルで可能でしたが、今は1枚で5回分と変更されています。

  • 青春18きっぷ販売期間と有効期間

  • 利用期間は学生が概ね長期休暇(春休み・夏休み・冬休み)に入る期間で、その約10日前から発売される。
    出典 :青春18きっぷ - Wikipedia
  • <春季>
     発売期間:2月20日 ~ 3月31日
     有効期間:3月1日 ~ 4月10日
    <夏季>
     発売期間:7月1日 ~ 8月31日
     有効期間:7月20日 ~ 9月10日
    <冬季>
     発売期間:12月1日 ~ 12月31日
     有効期間:12月10日 ~ 1月10日

  • 青春18きっぷで乗れるお得列車

  • ムーンライトながら(東京~大垣間)

     

    東京駅から岐阜県の大垣駅間を結ぶ夜行快速列車です。
    昔は大垣夜行と呼ばれ、普通列車でグリーン車除いて全席自由席でした。
    指定席券が別途必要ですが、青春18きっぷで乗車できます。
    東京駅23:10発で、大垣駅着5:55となっており、普通に乗ると2回分消費になってしまうので、途中駅まで運賃を払って、0:00を過ぎてから青春18きっぷに切り替えるお客さんも多くいます。

  • ムーンライトえちご(新宿~新潟間)

     

    新宿駅から新潟駅を結ぶ夜行快速列車です。
    ムーンライトという愛称を付けた一番最初の列車です。
    全席指定(指定席券が必要)でグリーン車と女性専用車両が連結されています。
    こちらも途中駅まで通常の切符で、0:00を超えた時点から青春18きっぷ、という方も多いです。

1/2