Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

アートを五感で感じたい人に!2014年 恵比寿映像祭へ出かけよう

開催中の恵比寿映像祭!
一人ではもちろん、カップルやお友達とのお出かけにもおすすめの恵比寿映像祭について、その魅力をまとめました。

  • mippi更新日:2014/02/15

view59

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 恵比寿映像祭とは?

     

    「アート×映像」のフェスティバルです。
    様々なジャンルを飛び越え、芸術性の高い作品を多数展示しています。

  • 今年のテーマは「TRUE COLORS」

  • 世界がグローバリゼーションの一途をたどるなかで失われたものの重要性や、新たに生み出されたネットワークやコミュニティ、さらにそれらが示唆する未来の可能性についての考察を試みます。
    出典 :TAB イベント - 「第6回恵比寿映像祭 トゥルー・カラーズ」
  • 開催期間は?

  • 2014年2月7日から2月23日までです。

  • おすすめ作品は?

  • ジョウシン・アーサー・リュウ 「コラ」

     

    秘境の地であり、かつ祈りの場である、チベットのカイラス山。
    そこでのコラ(巡礼)へと向かう道中を収めた作品です。
    美しい映像が神秘的な印象を高めます。

  • タリン・ギル&ピラー・マタ・デュポン「エヴァー・ハイヤー」

     

    チアリーディングによる肉体美から、スポーツに潜むイデオロギーを印象的に描いた作品。
    パワフルな映像に圧倒されます。

  • ハッサン・カーン「ブラインド・アンビション」

     

    誰もが当たり前に持つスマートフォンのカメラ機能を使い、ドイツの首都であるベルリンの日常を収めた作品。
    特別なことは何もないのに、その街に生きる人の息づかいなど、リアリティあふれる映像に惹きこまれます。

1/2