Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

オシャレなだけじゃない!隠れた名店のランチが気になる【西麻布】

西麻布。「オトナ・オシャレ」というイメージ。ある本によると、飲食店の閉店開店のサイクルはあるものの、駅がないことを逆手にとって長続きしている店が多いようです。その理由を著者は、西麻布の店が客に干渉しない、特別扱いしない点にある、と説いています。まずは気軽にオシャレランチをまとめてみました!

  • kon3更新日:2014/03/05

view118

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 落ち着いた雰囲気でいただく割烹料理【霞庭まつばら】

     

    個室もあり、旬な素材にこだわった季節感のある和食が楽しめます。商談などにも使える上品さ。

  • 西京焼定食

     

    ボリーミーかつ一つ一つ品を変え味付けに切りも美しい職人技。
    高級店の安いランチは大将が不在だったり質を落としたり簡略化した仕事だったりはありがちですが、ランチタイムも大将に脇を固めるお弟子さんもしっかりつかず離れずな明るく快活なサービスも心地良く。食後はサッパリ気分良く。再訪確実。お薦めランチ店です

  • 身体に優しいイタリアン【オステリア フィオレンツァ】

     

    イタリア各地の郷土料理の中でも、トスカーナ地方と “健康長寿”で知られるイタリア地中海沿岸地方を中心に構成しています。たっぷりの果物、野菜、豆、魚介や脂の少ない肉、エクストラ・ヴァージン・オリーヴオイルを用い、毎日食べても胃にもたれない体が喜ぶものを心掛けています。脂肪の少ない赤身肉、アンガス牛のビステッカをメインにしたコースをご用意しております。分厚く大きく焼いたお肉の美味しさは格別です!

  • ”本当の”カルボナーラ

     

    1400円のランチを選択。予想以上でした (//∇//)
    前菜はどれも美味しかったし、パンはふわふわ。パスタも好きなものを選べて、デザートとドリンクまでついてくる(プラスいくらでちょい高いパスタを選択っていうのもできますが、そうでなくても十分楽しめました)
    私は『生クリームもベーコンも使わない“本当の”カルボナーラ』を選びました。濃厚でした.....でも美味しかった。

  • 十割水ごねのお蕎麦がこだわり【祈年 手打茶寮】

     

    筧の水音の流れる店内。広いカウンターは、天然のいちょう材を使用。木や石、竹などの天然素材をあしらい、ゆっくりとくつろげます。器も日本各地の作家さんのこだわりのもの。そして、何よりも「蕎麦という穀物の旨み」を大切にしています。この旨みを味わっていただくために、今までの十割蕎麦の店とは異なるこだわりを貫いています。発芽させた蕎麦をつかうこと、十割の水ごねでつなげること、粗めに挽き蕎麦の新しい可能性をひきだすこと、どれも、蕎麦という穀物の旨みを引き立たせるための挑戦のひとつだそうです。

  •  

    メニューは、麺が3種類に食べ方が冷やかけ・あつ盛り・盛り等。中でも蕎麦の実の中心部分だけを使ったお蕎麦があり、見た目の白さにびっくり。これを水だけで捏ねるのは至難の業らしく、他ではなかなか食べられないらしいです。一番オススメしたいは豊穣。蕎麦の実を発芽させてから挽くらしく、もっちりぬめぬめ、香りが良いです。これを冷やかけでたべたのですが、スープが上品な甘味を持ちつつすっきりとした味で、普段は麺類のスープを残す関西人の私もすんなり飲んでしまいました。

2/2