Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

東京・春・音楽祭 -東京のオペラの森-

3月14日から1ヶ月にわたって行なわれている「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森-」。
今から見られるおススメのイベントは?

view46

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 東京・春・音楽祭とは?

  • 東京・上野を舞台に、春の到来をさくらと音楽の饗宴で祝う音楽祭。
    2014年に10周年を迎えます。
    これまで、東京文化会館での「東京春祭ワーグナー・シリーズ」やオーケストラ公演、上野公園内の美術館、博物館を会場とした「ミュージアム・コンサート」など、様々なコンサートを行なってきました。

    今年は、新企画となる「ディスカヴァリー・シリーズ」「合唱の芸術シリーズ」、恒例企画「歌曲シリーズ」「ミュージアム・コンサート」など、華やかなラインナップも。
    桜の名所・上野で開かれる音楽祭で、ぜひ春の訪れを感じましょう。

  • メイン公演はワーグナーシリーズ

  • 2014年は、メイン公演となる「東京春祭ワーグナー・シリーズ」にて、大作『ニーベルングの指環』(《ラインの黄金》《ワルキューレ》《ジークフリート》《神々の黄昏》)を毎年1作品ずつ、4年連続で上演するプロジェクトが始動! 
    ベルリン放送交響楽団の芸術監督を務めるマレク・ヤノフスキを指揮に迎え、世界で活躍するワーグナー歌手たちとNHK交響楽団の演奏による壮大な物語を楽しめます。

  • ニーベルングの指環とは?

     

    ドイツの作曲家、リヒャルト・ワーグナーの書いた楽劇。
    上演に約15時間を要する長大な作品なので、少なくとも4日間をかけ演奏されます。
    通して演奏することはあまりありませんが、ドイツのバイロイトにある祝祭劇場で毎年行われる音楽祭の際やヨーロッパのAクラスのオペラ・ハウスでは赤字でも目玉としてよく上演されます。

    内訳は
    『ラインの黄金』(Das Rheingold):2時間40分
    『ワルキューレ』(Die Walküre):3時間50分
    『ジークフリート』(Siegfried):4時間

  • 『ニーベルングの指環』序夜《ラインの黄金》

     

    今年はまず、序夜の「ラインの黄金」が演奏されます。
    日時・会場
    4.5 [土] 15:00開演
    4.7 [月] 19:00開演
    東京文化会館 大ホール

    ■出演
    指揮:マレク・ヤノフスキ
    管弦楽:NHK交響楽団
    音楽コーチ:トーマス・ラウスマン

    ヴォータン:エギルス・シリンス
    ドンナー:ボアズ・ダニエル
    フロー:マリウス・ヴラド・ブドイウ
    ローゲ:アーノルド・ベズイエン ほか。

  • ヤノフスキ: 演奏の質の高さにおいて、私がかねてより非常に評価するNHK交響楽団と再び共演できることをうれしく思っております。歌手陣は私がよく知っている優秀なソリストばかりですし、N響はドイツのシンフォニー・レパートリーに長けていますので、私の目指している音楽をともに作っていけると確信しています。
    出典 :東京・春・音楽祭ー東京のオペラの森ー|春祭ジャーナル
  • ミュージアム・コンサートピアノ音楽紀行~北欧
    田部京子

  • 東京都美術館の講堂を使用し、ミュージアムコンサートも行なわれます。
    グリーグやシベリウスといった北欧の作曲家の作品にスポットをあて、ピアノコンサートを田部京子さんが行ないます。

  • 美術館の講堂で間近に見られるコンサート

     

    日時・会場
    2014年4月6日 [日] 14:00開演(13:30開場)
    東京都美術館 講堂
    全席自由:3000円

    ■曲目
    オスカル・メリカント:ワルツ・レント op.33
    パルムグレン:《4つの春の夜》 op.27 より 5月の夜
    ベリエル:《フレースエーの花々》第1巻 op.16 より
    シベリウス: 《10の小品》op.24 より ロマンス
     《樹の組曲》op.75より
     《花の組曲》op.85より
      《5つのロマンティックな小品》op.101 より
     グリーグ:
     《ペール・ギュント》第1組曲 op.46
      《抒情小曲集》より

1/2