Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

世界遺産に登録された「富岡製糸場」に行ってみよう!

2014年6月21日、群馬県にある富岡製糸場と絹産業遺産群が世界文化遺産に登録されました。
登録が決定してからは、多くの観光客で賑わっています。
そんな今話題の富岡製糸場について、まとめました。

view41

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 国内では18件目の世界遺産!富岡製糸場ってどんなところ?

  • 1872(明治5)年に開業した、群馬県富岡市の製糸工場。当時輸出の主力だった生糸生産を近代化し、殖産興業を推進するために明治政府が設立した。日本最初の本格的な器械製糸による官営模範工場として知られる。民間に払い下げ後1987年まで操業を続けた。
    出典 :富岡製糸場 とは - コトバンク
     

    生糸が日本の輸出を盛んにしたんですね。
    当時は手工業が主流だったのですが、近代的な手法で工場を作り上げていきました。

  • 「1909年に日本の生糸産出量は世界1位になるのですが、その拠点となったのが1872年に誕生した富岡製糸場であり、本物件に含まれる各施設でした。ここで生糸や養蚕の技術が磨かれて、その技術は国内外に伝播していくことになりました。
    出典 :富士山に続け! 6月に世界遺産に正式決定する「富岡製糸場」の魅力って? - エキサイトニュース(1/3)
     

    中学生くらいで、社会の教科書に富岡製糸場のことが載っているのを見たことがある人も多いのでは?
    でも実際詳しく覚えている人は少ないかもしれません。
    今一度、勉強し直してみるのも面白そうですね。

  • 富岡製糸場

     

    レトロな雰囲気があります。
    当時の建物がほぼそのままの状態で残っているのはとても貴重。

    フランスの技術を導入して設立されました。
    今では観光客で連日大変賑わっているようです。

  • 木骨煉瓦造

     

    当時はレンガで建物を作るというのは浸透していなかったようです。
    木で骨組みを造り、そこにレンガを積んで行くという珍しい工法が使われています。
    西洋からのレンガ造りと、日本の建築では一般的な日本瓦を融合させた建造物となりました。

  • 長さおよそ140メートルの操糸場!

     

    かなりの長さです!
    色々な建物を回ることができますが、中には見学出来ない場所もあるので注意しましょう。

  • 世界文化遺産登録決定!!なぜ富岡製糸場は世界遺産になったのでしょうか?

  • 今年4月、ユネスコの諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)が「日本が近代工業化世界に仲間入りする鍵となった」と高く評価し、ユネスコに登録を勧告していた。
    出典 :富岡製糸場、世界遺産に決定 国内18件目:朝日新聞デジタル
     

    今の日本があるのには、この富岡製糸場が大きく貢献してきたのですね。
    また、世界の絹産業発展にも貢献してきたとして評価されています。

  • 審査では、まずユネスコの諮問機関の担当者が「富岡製糸場はフランスの技術を取り入れ、高品質な絹の大量生産を可能にし、19世紀の終わりには日本を世界の主要な絹の輸出国に押し上げた」と述べ、世界遺産への登録を勧告しました。
    各国の代表からは登録を支持する声が相次ぎ、フィンランドの代表が「産業技術の交流を示す重要な例だ」と述べたほか、ジャマイカの代表は「この遺産から学ぶべきことは極めて多い」と話していました。
    出典 :「富岡製糸場」 世界文化遺産に登録決定 NHKニュース
     

    審査員からもかなりの評価を得ていたようです。

  • 世界遺産登録決定から、多くの観光客で賑わっている!

1/2