Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

秋の散策コース【浅草編】あの週末女子会でも紹介されたお店にも行ってみよう!

秋の散策コース【浅草編】浅草は観光客とお年よりの街だとおもったあなた、最近ではあの週末女子会でも紹介されるなどまだまだ魅力がいっぱい進化する浅草。最近、テレビで放送されたお店にも行ってみよう!きっと新しい発見が!!

  • ku_ba更新日:2014/11/05

view122

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 浅草で江戸っ子気分で散策開始!!

  • 江戸時代に栄えた門前町のひとつ、浅草。昔の面影を残し、今も賑わいの耐えない浅草仲見世、伝法院、六区ブロードウェイなどの名物どおりはもちろん新しい魅力もちょっとご紹介。

  • 都内最古の寺院へ 浅草寺!

  • 浅草寺

     

    〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3−1

    年間3000万人以上!!の観光参拝客がやってくる浅草の象徴的存在。記念撮影でおなじみの雷門をくぐって仲見世へGO。2層の屋根を持つ宝蔵門を抜ければ本堂に到着する。五重塔、浅草神社、重文の二天門など境内には見所がいっぱい。また、毎年5月の「三社祭」と7月の「ほおずき市」、12月の「羽子板市」は有名。お忘れなく。

  • 比較的新しい!?浅草アミューズミュージアム

  • 浅草アミューズ ミュージアム

     

    〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目34−3

    浅草アミューズ ミュージアムは、◎東京メトロ銀座線「浅草駅」、東武伊勢崎線「浅草駅」から徒歩5分。都営浅草線「浅草駅」から徒歩8分。つくばエクスプレス「浅草駅」から徒歩8分っとアクセスの良さはピカイチ!
    刺し子、BORO、浮世絵などを展示し、実際に手で触れることもできる新形態のミュージアムが出来ました。もう、行ったことがある人多いかも。いろいろとイベントもやっているのでリピーターも多いらしいです。
    ちなみに展示の方は10:00から18:00まで最終入館は閉館30分前までになってます。Bar Sixは18:00~翌2:00と遅くまでやっているちょっとおしゃれなバーしかもライトアップされた浅草寺、五重塔を望めるテラスもあり、ちょっと魅力的な眺望最高のバー。定休日は月曜日になってます。

  • 老舗のスイーツ店?浅草雷門 亀十

  • 浅草雷門 亀十

     

    〒111-0034 東京都台東区雷門2−18−11

    大正時代末期創業!ここのどら焼きは癖になりますよぉ。いろいろなメディアで取り上げられているので知っている人も多いとおもいますが。。。都内屈指のどら焼きの名店。北海道は十勝産の小豆を使った黒餡と白餡の2種類はそれぞれ315円('14/03/20)。しっとりした皮はまるでパンケーキのようだ。行列ができる店としてもメディアに取り上げられることもあるので食べたい人は早めにお店に行ってみよう!

  • 浅草観光にどうですか?浅草 時代屋

  • 浅草 時代屋

     

    〒135-0016 東京都江東区東陽5丁目10−4

    時代屋は、東京メトロ銀座線浅草駅出て徒歩3分、人力車がとても有名。車夫さんには役者や芸人の卵というひとも多く、得意の話術で浅草の街を楽しく紹介してくれるそうです。もちろん浅草の定番スポットだけでなく、車夫さんだけが知っている超穴場?!スポットをこっそり教えてくれるのも魅力の一つ。今年4月からは、日本文化を気軽に体験できるスポットもオープン。観光客を楽しませている。「時代屋江戸蔵」では、茶道や書道といった身近なものから、提灯・行灯名入れと日本人でもやったことのないもの、また、女子の大好きな変身もの、貴婦人ドレスや和服などの時代衣装を着用しての記念撮影「変身遊び」などなど、日本文化を気軽に体験し楽しむことができる。もちろん予約制ですが、土日祝は空いていれば当日受付も可能。海外から来た人にとっても日本文化を体験できるスポットとして教えてあげたいそんな場所です。
    時代屋明治館は、人力車の受付や待合室として使用される以外にも、オリジナルグッズの販売もしているのでお土産にどうですか。

1/2