Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

散歩コース【浅草】を探してみる。

浅草の散歩コースをご紹介。ちょっと出かけてみるにはいいかも。新しい浅草あります。

  • ku_ba更新日:2014/05/20

view25

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • さー出発!!浅草散歩コース、出かけます。

  • 定番ですが、雷門をくぐり、浅草寺へ

  • 正式の名称は、風雷神門(ふうらいじんもん)。
    出典 :雷門 - Wikipedia
  • 門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配される、朱塗りの山門である。門の中央には、重さ約700Kgの提灯が吊りさげられており、浅草のランドマークとなっている。
    出典 :雷門 - Wikipedia
  • 日本を象徴する風景として、外国人向けに日本を紹介するパンフレット、お土産のレリーフなどに採用されることが多い。
    出典 :雷門 - Wikipedia
  • つぎは、浅草演芸ホールでひと笑い

  • 当ホールは、鈴本演芸場(上野)、新宿末廣亭、池袋演芸場とならぶ、東京の「落語定席」のひとつです。「落語定席」とは、1年365日、休まずいつでも落語の公演を行っている劇場のことで「寄席(よせ)」とも呼びます。
    出典 :ホールのご案内|浅草に来たなら演芸ホール
  • 昭和39(1964)年のオープン以来、10 日替わりで落語協会と落語芸術協会が交互に公演を行っています。
    落語のほかにも、漫才、漫談、コント、マジック、紙切り、曲芸、ものまねなど、バラエティーに富んだ番組をご用意しています。
    出典 :ホールのご案内|浅草に来たなら演芸ホール
  • 昼の部と夜の部は、原則として入替えがありませんので、お好きな時間においでになって、心ゆくまで「演芸」をお楽しみいただけます。萩本欽一やビートたけしなどを生み出した、お笑いの殿堂「浅草演芸ホール」に、是非一度お越しください。
    出典 :ホールのご案内|浅草に来たなら演芸ホール
  • 浅草演芸ホール

     

    <<料金>>
    【通常時】<税込料金>
    大人 2,800 円
    学生 2,300 円
    小人(4歳以上) 1,500 円

    【特別興行時】(年末、年始含む)
    < 税込料金>
    大人 3,000 円
    学生 2,500 円
    小人(4歳以上)1,500 円

    などなど

1/2