Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

富山県入善町にある「発電所美術館」で現代アートに触れる!

view103

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 富山県入善町の「下山芸術の森」というところに、「発電所美術館」という変わった名前の美術館があります。その名の通り、ここは元々、水力発電所でした。取り壊される予定だった「旧黒部川第二発電所」が美術館として生まれ変わり、現在は、現代アートを中心とした美術館として注目されています。

  • 今やっている展覧会は?

  • 「発電所美術館」では、年間4つの展覧会を開催しています。最新の展覧会は「漂泊界 丸山純子展」。既に開催中で、会期は2014年12月21日(日)までです。排油やレジ袋など生活廃材を美術作品へと再生させる、現代美術作家・丸山純子の個展です。地元の廃油から作られた石鹸を使って、美術館内外で計3つの作品を発表しています。

  •  
     

    「漂泊界 丸山純子展」
    会期:平成26年9月20日(土)~12月21日(日)
    入館料:一般500円/高・大生300円/中学生以下無料
    今年度最後の企画展ですので、お見逃しなく!
    (来年3月に開催される、今年度最後の展覧会は収蔵品展です)

  •  
     

    こちらは、館内のインスタレーション作品「空」。
    「発電所美術館」の建物と、丸山純子の制作したものがひとつになって、空間そのものが、大きなインスタレーション作品になっています。

  •  
     

    作家にとって、この「発電所美術館」という空間は、魅力的でもあり、難しいものでもあるようです。
    作家のチャレンジを、ぜひ見てみてください。

  •  
     

    彼女が丸山純子さんです。
    山梨県出身で神奈川県在住の現代美術作家さんです。

  •  
     

    こちらは、館外のインスタレーション作品「花」。
    会期中に変化していく作品です。
    公開制作も3回行われ、そのラストが12月3日(水)~12月7日(日)に実施される予定です。
    ぜひ、作家が制作している様子を、見に行きましょう。

2/2