Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

新しい趣味に『ケイビング』はいかが?探検隊気分で群馬にGO!

ケイビング?初めて聞く方もいるかしら。群馬で本格的なケイビングができると聞いて調べてみました。ケイビングとは、「洞窟を探検する」こと。テレビでだれもが見かけたことがある、そうあの探検隊の感じです!未知の世界にアドレナリンが出っぱなし!ドキドキわくわくの地底へGO!

view61

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「洞窟は成り立ちの違いからいろいろな種類があるのですが、ケイビングで探検するのは主に溶岩洞と石灰洞で、溶岩洞の方が構造が平坦なことが多く初心者向き。富士山周辺の天然記念物の溶岩洞ならアクセスが良く、一年中氷を見ることができるのでオススメです。石灰洞でも、埼玉県や群馬県にある総延長数百メートル程度の小規模なものなら、初心者向きといえるでしょう」
    出典 :洞窟探検「ケイビング」のススメ - Ameba News [アメーバニュース]
  • 上野村周辺の地は、洞窟の宝庫。 地下水の発見やコウモリとの遭遇など、ファンケイビングが楽しめる洞窟でケイバーには有名な場所。 究極の泥んこアドベンチャーツアー後は、天然温泉に入ってリフレッシュが嬉しい!
    出典 :ケイビング1日ツアー 群馬上野村ジャグスポーツ!
     

    では、温泉目当てにどろんこになりますか!

  • 群馬県と埼玉県の間に位置する上野村。観光鍾乳洞が近くにあるが、今回のケイビング体験ツアーで探検する洞窟はここではない。観光鍾乳洞とは全く違う、身体ひとつがやっとのことで収まるような洞窟を、ヘットライトの明かりだけを頼りに進んでいく。しかも、穴は迷路のように縦横に広がっている…そしてコウモリ。
    出典 :ケイビング@ジャグスポーツ 【体験レポート】 | そとあそび
     

    もちろん、他にも体験入門的なケイビングのコースもありますが、よりケイビングの魅力を伝えるために、今回リサーチしたのは洞窟を満喫する本格コースです。もちろん女性でも体験できるツアーです。

  • 「でもさ、ケイビングって言っても、所詮観光客向けでしょ?ちょっとした鍾乳洞を懐中電灯片手に川口浩みたいに探検する程度じゃないの?」と疑う人もいるかもしれないが、甘ーいっ! 現地に着くと、つなぎに着替え、軍手、膝当て、ヘッドライト付きのヘルメットを装着させられるほどの完全防備。
    出典 :嗚呼、テレ日トシネマ−雑記−
     

    ひざとひじには保護パッドをつけてからつなぎを着ますから、大事なお肌は守られます。
    頭もヘルメットがあるから大丈夫でしょうか、気をつけるのは顔でしょうか。

  •  

    たくさん紹介したいのですが、なかなか内部の写真がないんです。両手を使って体いっぱいで進んでいかなければならないからかもしれませんね。

  • 「あれ?洞窟っつったって結構明るいじゃん!」と思うかもしれないが、写真は全て「フラッシュ付き」。だから明るく見えるんであって、実際は冒頭に載っけた写真のように「真っ暗」です。
    出典 :嗚呼、テレ日トシネマ−雑記−
  • グループから隊長を決めて進みます☆

  • ガイドさんは洞窟の中に全員が入ったところでガイドをやめます
    出典 :給食万歳 All I Want for School Dinners : ケイビング リアルなダークサイドに嵌る洞窟探検
     

    えっそうなの!なぜ?

  • ガイドは冒険の手助けをする黒子に徹します。参加者の中から隊長を決め隊長の指示のもと、地下水脈までのルートを開拓。行きと帰りの様相はまるで違う。
    簡単に帰りのルートを見失います! 帰りのルート確保は、ケイビングの鉄則。
    出典 :ケイビング1日ツアー|ケイビング体験レポート
     

    なるほど!ほんとうに探検隊気分を演出してくれるんですね。ガイドさんに着いて行くのと、自分で頭をつかって進むのでは大違いというわけですね。道を覚えるというのは洞窟ではどうやら難しいようですね。そこが魅力のひとつになってくるのね!

  •  

    はさまってぬけないのではないかと思ってしまいますが、ガイドさんのアドバイスで身をよじれば、「えっ」というスペースも抜けられるそうです。運動神経が必要なほんとスポーツのように思えてきました。みんなに置いて行かれないように・・・