Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

江ノ島の江ノ島神社に行こう

神奈川県藤沢市にある江ノ島に江ノ島神社や展望台があり、人気の観光スポットとなっています
名物の江ノ島エスカーにもぜひ乗ってみてください

view172

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 弁天様で有名な江ノ島の神社ですが、島内にはさまざまな神様を祀ってあります。主なお社(やしろ)は3つあり、それぞれ、たぎりひめ、いちきしまひめ、たぎつひめ(のみこと)の3姉妹神を祀ってあります。字はいろいろな表記がありますが、ここでは江島神社のパンフレットに従いました
    出典 :江島神社
  • 辺津宮の境内の奉安殿には、八臂(はっぴ)弁財天と、 日本三大弁財天のひとつとして有名な裸弁財天・妙音(みょうおん)弁財天が安置されています。 江戸時代には、この江島弁財天への信仰が集まり、江ノ島詣の人々で大変な賑わいを見せました。 世にいわれる「日本三大弁財天」とは、安芸の宮島、近江・竹生島、江島の弁財天のことです。
    出典 :ご祭神:江島神社
  • 江ノ島神社とエスカー

  • 江ノ島に上陸するとまず観光客が辿る道はだいたい決まっている。江島神社の表参道を通って、神社の境内を抜けて展望灯台とサムエル・コッキング苑を廻るコースだ。ここまでは殆ど一本道となっている
    出典 :東京DEEP的「江ノ島」の歩き方 (3) 江ノ島神社とエスカー - 東京DEEP案内
     

    島全体がほぼ一本道なので迷う事はありません。

  • その昔、江の島の頂上に行くには数百段の階段を上り下りしなければなりませんでした。
    そこで、昭和34年に国内初の屋外エスカレーターとして、高低差46メートルを4連で結ぶ全長106メートル の「江の島エスカー」が登場しました。
    出典 :施設情報:エスカー | 江の島シーキャンドル
     

    エスカレーターではなくエスカーです

  • 「江の島エスカー」

     

    頂上まで石段を上っていくと20分かかるところ、江の島エスカーだとわずか4分でアクセス。

    江島神社参拝に訪れるご高齢のお客様をはじめとし、観光に来られる家族連れ・カップルのお客様にご利用頂き、喜ばれております。

  • 2010年に1区、2011年に2区・3区がリニューアルされ、ますます快適に。1区入り口付近のモニターでは、江の島サムエル・コッキング苑/江の島シーキャンドル(展望灯台)のイベント等の様々な情報が配信され、観光案内所としての側面も持ち合わせており、江の島を満喫するのに便利な「江の島遊覧セット券」および「eno=pass」の販売窓口でもあります。
    出典 :施設情報:エスカー | 江の島シーキャンドル
  • 江ノ島エスカー 料金表

     

    江の島エスカー(全区間)
    通常料金 - 大人 350円 小人 170円
    団体料金 - 大人 220円 小人 110円(25名様以上)

    江の島エスカー(1区のみ)- 江島神社辺津宮まで -
    通常料金 - 大人 200円 小人 100円

    江の島エスカー(2区・3区)- 江島神社辺津宮~中津宮~江の島頂上部 -
    通常料金 - 大人 180円 小人 90円

    江の島エスカー(3区)- 江島神社中津宮~江の島頂上部 -
    通常料金 - 大人 100

2/2