Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

濃密なアウトドアを求める人向け☆1日1組限定の伊豆の予約の取れないキャンプ場

「大人の冒険」を求めるカップルに大人気で、なんと現状年内の週末はすべて予約済みという大人のキャンプ場が伊豆にあります。三方を入り江に囲まれ、アクセスは最寄りの漁港からの船のみ。青い海と緑の木々に囲まれたあなた(たち)だけのキャンプ場。満天の星空も独り(仲間?)占めです!

view1780

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝袋と着替え、食事の用意を持っていくだけ。 とても解放されました。 昼は海を眺め、夜は星の下で火を眺め。
    出典 :Asuco's Diary: AQUA VILLAGE(アクアヴィレッジ)
     

    仕事でつまっている時にこそ、さあ、アウトドア! ウェットスーツを持って行った方は潜るもぐる。海からの夕食調達に必死だったそうです。調理器具はあるので、腐らない日持ちの良いパスタや麺類なんかをベースに準備するといいですね!

  • 夕日が水平線に沈む頃、、、

     

    西伊豆の大きな夕日が水平線に沈んだら、アジトに戻って夜ごはんの準備。満天の星空を見上げていたら、いつの間にか夜は更けていく。一人でも、仲間とでも。この一瞬一瞬を心に刻み込んで。時計もコンビニもないけれど、都会では味わうことができない贅沢な時間が流れています。

  • 1日1組限定のプライベートキャンプ場なので、何をやってもいいという最高のロケーションでした。
    出典 :1日1組限定オトナの秘密基地でキャンプ&ハロウィン | O.C
     

    総勢27名での盛大なキャンプを開催したという口コミも。ハロウィンパーティーやそのままダンスパーティー、花火打ち上げ、爆音映画祭など何でも自由。朝はラジオ体操、ヨガからのエッグベネディクトという素敵なブレックファスト。ぜひ、料理上手をスカウトして連れて行きましょう!!!!キャンプの満足度が違います!

  • 伊豆半島の自然爆発のトレッキングロード

     

    自然いっぱいの山道があなたを待っています。周辺には国定公園内を巡るサバイバルな遊歩道も整備されています。滝の作り出すマイナスイオンで心も体も洗われますよ〜。気持ちいい汗をかきましょう。

  • 山登りからキャンプまで。フィガロが選ぶ、極上のアウトドア行き先リスト
    出典 :山登りからキャンプまで。フィガロが選ぶ、極上のアウトドア行き先リスト【キャンプ&アクティビティ編】 - フィガロジャポンオフィシャルサイト madameFIGARO.jp
     

    1日1組限定の、プライベート空間ということで、あの「フィガロ」も取り上げています。西伊豆で1日1組だけを迎えている、大人のためのプライベートなキャンプ場「アクアヴィレッジ」。大自然に囲まれて、自分たちだけの時間と場所を思う存分、独占できる。http://feature.madamefigaro.jp/travel/130718OutdoorGuideforCampingActivity/

  • 小さな無人島で宝探しもいいね!

     

    シーカヤックでは岸にある小さな無人島、周囲に点在する小さな入江など、多くの冒険スポットが隠れています。宝探しのアクティビティーなんかいいですね。どこかに指輪を隠してみつけてもらい、「サプラ〜イズ!」なんて妄想が広がります。

  • 他にも関連キャンプ場があるの?

  • 現在、2014年4月1日から9月30日までの御予約を承っております。
    出典 :西伊豆のプライベートキャンプ場|REN VILLAGE(レンヴィレッジ)
     

    Season3(10月〜12月)の御予約は、7月25日より先行予約受けつけ開始とのこと。週末でなくてもいいのなら、まだチャンスありです!

  • 「レン・ビレッジ」限定1日1組、目の前は大海原

     

    徒歩0秒で海が広がるレン・ビレッジも大人気。年末までの週末は予約が取れないとのこと。キャンセル待ちを受け付けているので、どうしても行きたい方は、リストにいれてもらっておきましょう。ページ末公式HPで!

  • 「キャンプ場でキャンプをすると窮屈だから」と、自分の理想とするキャンプスタイルを追い求め、ついにはキャンプ場を作ってしまった
    出典 :リアル・オーナーの マイJeep®自慢 VOL.6 - Jeep® オーナーズ | RealStyle by Jeep®(リアル・スタイル by ジープ)
     

    AQUA VILLAGE(アクアヴィレッジ)」を主宰する橋村和徳さんは、「誰にも邪魔されないプライベートな空間」。自分の心に叶うロケーションを求めて、伊豆の海岸線を走り回っり、観光客やサーファーの多い風光明媚な南伊豆を避け、ついに見つけたのが西伊豆の一角、アクア・ビレッジとレン・ビレッジだそうです。