Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

北海道に行くならタンチョウが見てみたい!どこで見るのがおすすめ?!

タンチョウは日本や中国で古来から親しまれてきたツルで、その美しさから工芸品や文化、慣習の中でよく目にすることができます。例えば、日本昔話にはツルが登場する話が多く存在します。しかし、実際にタンチョウを見たことがない人と思います。今回はタンチョウを見ることができるスポットを紹介します。

view46

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • タンチョウは北海道の釧路で見ることができます。
    観光の名所として知られており、年間20万人ほどの人が観光でタンチョウを見に訪れるそうです。
    ただし、タンチョウは時期や天候によってよく見えないこともあります。そのようなことも覚悟の上で日程を決めて、計画をたてましょう。時期選びを間違わなければ、基本的に誰でも見ることができるとも言われているので、十分な事前調査を行って出かけましょう!

  • 丹頂鶴自然公園

  • タンチョウの観光スポットとして、とくに有名なのは丹頂鶴自然公園です。この公園はもともと丹頂の保護と育成のために作られた公園で、敷地内には20羽ほどのタンチョウが放し飼いされています。年間を通じてタンチョウを観察できる場所として人気の高い場所です。
    世界で初めて人工孵化に成功したことでも有名なこの公園では、12月から4月にかけて野生の鶴がヒ飛来するため、この時期を狙って訪れる人も多くいます。
    基本的、寒中に佇んでの観察になるため、暖かい格好は必須です。また、大きな声や物音に鶴は敏感なのでそっと見守るように観察するマナーも大切です。

  •  

    所在地:北海道釧路市鶴丘112
    電話:0154-56-2219

    営業期間
    公開:
    4月10日~体育の日9:00~18:00、
    体育の日の翌日~4月9日9:00~16:00

    料金大人:460円※こども料金有り

  • 阿寒国際ツルセンターGRUS

  • タンチョウをみたい人で、タンチョウの生態も知りたいという人には「阿寒国際ツルセンターGRUS」がおすすめです。こちらではタンチョウの生態や生活の仕方など、タンチョウについてたくさんのことを知ることができます。実際にタンチョウも観察できますが、写真や映像などの資料も豊富で、資料図書も揃っています。
    知って見るとタンチョウのちょっとしたしぐさの意味がわかって、観察がもっと楽しくなりますよ。

  •  

    所在地:釧路市阿寒町23線40番
    電話:0154-66-4011

  • 鶴見台

  • タンチョウに限らず、やはり動物観察は食事をしている姿こそ、迫力と生命力を感じさせる瞬間です。タンチョウの食べる姿をじっくり観察したい人には鶴見台がおすすめです。二大給餌場のとしてしられるここには、毎年200羽弱の鶴が訪れます。
    毎年10月から3月にかけてのみ、見ることができ、さらに時間も午後2時30分と決まっているために観光のスケジュールも組みやすいのも人気のスポットの所以です。

  •  

    所在地:鶴居村下雪裡
    電話:0154-64-2112