Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

まるで北欧気分!恵比寿の暖炉のあるカフェでくつろぎましょう♪

さむーい冬は暖炉のあるカフェでほっこりあったまりませんか?恵比寿にはそんなカフェがありますよ。

  • betty更新日:2014/10/22

view82

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 恵比寿には暖炉のあるカフェがあります!

  •  

    ご紹介する暖炉のあるカフェは、恵比寿にあるマーサーカフェです。大人気のカフェで、恵比寿に4軒・表参道、六本木、白金、鎌倉に1軒ずつ系列のお店があります。
    店内はモノトーンを基調として大人の雰囲気を漂わせ、ソファやテーブルは大きめに作られていてゆったりとした時間を過ごすことができます。
    暖炉のあるリビングスペースとダイニング、さらに開放感あふれるテラススペースと色々な席が用意されていて、席により違った気分で食事をすることができます。

    暖炉は店の中央にどっしりと構えられていて、特別感のある人気の席になっています。

  •  

    コンセプトは”冬場に行きたくなる空間”。暖炉を置くことで実際にあったかくもなりますが、人々が集まりほっこりできれば心もあったかくなりますよね。そんな空間がここにはできあがっています。

    優しい火って見ていて気持ちも安らかに温かくなりますよね。
    暖炉の本場北欧では、1日中ただただ暖炉の映像を流し続けるTVのチャンネルが、高視聴率をほこっているとか!日本では考えられない放送だけどそれを見つめたいという気持ちはなんとなくわかる気がします。
    そんな風に人をあったかくする力が暖炉にはあるんですね。

  •  

    こちらもお店の特徴の広々としたテラス。ここをデザインしたデザイナーは、建物だった部分をこのテラスにリノベーションし、店内の面積を削ってまで広々とした空間を演出しました。そこまで空間にこだわって作られているのですね!
    テラスといっても、冬でも楽しめるのが嬉しいところ。そのために、窓には大きなガラスと特注フレームを使っています。光が大きく差し込み明るいテラスは、室内ということを忘れさせるほどの開放感がありますね。

  •  

    料理は「高級食材をカジュアルに」というテーマで、女子会などでも気軽にお店が使えるように価格を設定しています。フォアグラやトリュフ、オマール海老などの高級食材はちょっと手が出ない・・と思いがちですが、リーズナブルにいただくことができます。
    メインの価格帯は1500円前後。一番高いものでも2300円ほどと、これなら手が出るなって感じのお値段じゃないですか?もちろん味も保障つきです。
    高級レストランで食事をしているようなリッチな雰囲気を、ゆったりとした空間で味わうなんて、すごーく贅沢をしている気分ですね!

  •  

    キャラメルシフォンケーキが大人気!かなりの大きさですが、たいていの方はペロっと平らげてしまうみたいです。

    シフォンケーキは、本当にスポンジ?という疑うくらいふわふわ。スポンジが見えないほどにたっぷりのホイップクリームに、甘みをおさえたキャラメルソースとアーモンドがかかっていて食感もアクセントになっています。
    女子は目がないホイップたっぷりのスイーツで、幸せ気分に浸りましょう~♪

  • 暖炉の癒し効果

  • さて、癒しの空間として暖炉のあるカフェをご紹介しましたが、なぜ暖炉に人は癒されるのでしょうか?

    原始の時代から、人は炎を見て心を落ち着けてきました。炎を怖がらない動物は人間だけ、らしいですね。
    焚き火やキャンプファイヤーなども、周りに人が集まるというイメージがあります。人間は元来、火を囲んでゆっくりと過ごすことが好きなのかもしれません。
    暖炉の周りにも家族や友人が集まってきて食事をしたり話したり・・という情景を想像できますよね。実際に近いと暖かい、というのもありますが、集まってくるのはそれだけが理由ではないと思います。人との語らいや触れ合いを求めているのかもしれませんね。