Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

初心者向け☆梅干しの作り方

view285

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 梅干しの作り方を初めてチャレンジする方にも分かりやすく説明します。

  • 梅を傷つけないように注意

     
     

    楊枝などで梅のヘタを取り除きます。柔らかく皮の薄いものは取りづらく無理に取ると実を傷つけます。熟れると自然に取れるのであまり気にしなくても大丈夫。

  •  
     

    ヘタを取り除いたら2kg分の梅干しと塩・焼酎・焼酎をジップロックに入れます。これがカビ防止にもなるんです。入れ終わったらジップロックのチャックをしっかり閉じ2重にする。

  • 簡易漬け樽作り

  • これなら簡単

     
     

    ダンボール箱に液漏れするのでビニール袋を入れてそこにジップロックに入れた梅干しを入れて完成。

  •  
     

    2リットルのお水を入れたペットボトル2本が4キロの重石の変わりになるんです。梅干しの量を増やす場合は重さも変わります。

  • 混ぜるのを忘れずに!

     
     

    一週間は一日に1回。一週間後には一日おきに袋ごとひっくり返してまんべんなく塩や焼酎・お酢が混ざるようにします。数日後には水分が出てきて袋がパンパン。ジップロックを開けて空気を抜くと良いです。梅酢が上がってきたら、梅干しが潰れてしまうのでペットボトルの重さを半分に減らしてください。

  •  
     

    梅酢に浸かっているとカビも生えにくくなるので梅雨明けまでには冷暗所に置いて様子は見るようにしましょう。

  • いよいよ天日干し

  • 梅雨があけたらOK

     
     

    梅と梅の間の間隔を程度に空けてザルに並べましょう。風通しの良い場所で天日干ししますが、あまりに日差しが強い時は半日陰にしましょう。

  • 干し過ぎに注意

     
     

    大粒で2日、中粒で1日半を目安に裏返し、生梅時の半分ほどの重さになったら 干しあがり。 干からびた感じになるので干し過ぎないようにしましょう。