Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

江戸から大正時代の着物や装身具約200点を一堂に展示!たばこと塩の博物館にて4月22日から

view27

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • たばこと塩の博物館(東京・墨田区)では、2017年4月22日(土)から7月2日(日)まで、「着物と装身具に見る江戸のいい女・いい男」展を開催します。

  • 江戸から大正時代の着物や装身具

  • 今日では、日本の伝統的衣服である着物や装身具を着用する機会が少なくなりました。

    しかし、江戸時代から大正時代にかけての江戸(東京)や京・大坂などの都市で生活する人々のあいだでは、着物や装身具は日常的に用いられたほか、個性や斬新さが求められ、洗練された作品も数多く制作されました。

    さまざまな意匠、素材、技法で制作された作品は、現代でも新鮮なものとして映ります。

  • 中村コレクションとは

  • 本展の中心となる中村コレクションは、東京で袋物商として活躍した中村清商店の創始者中村清氏(1887~1946)が蒐集した、江戸から明治・大正にかけて制作された染織品のコレクションです。

    中村清氏は、刺繍の技の優れたもの、仕立てのいいもの、染めのいいものなどにこだわり蒐集してきました。

    蒐集は昭和初期に行われており、和装が洋装に変化していくなか、日本の伝統的文化を後世に伝え、着物や装身具をもう一度見直そうという目的もあったとのことです。

  • 約200点を一堂に展示

  • 今回の展示では、中村コレクションの中から、女性と男性の着物とそれぞれが身につけた筥迫(はこせこ)やたばこ入れなどを中心に、インドやジャワの古渡(こわたり)更紗や輸入革として人気があった金唐革などを素材にした装身具を展示します。

    さらに結髪雛形や化粧道具なども合わせた約200点の資料をとおして、当時の人々が持っていた装いに関するこだわりと美意識を紹介します。

  • 業平菱に杜若冠文様打掛(江戸後期)

  • 綴織鶴文守り巾着(明治末期~大正)

  • 「着物と装身具に見る江戸のいい女・いい男」開催概要

  • 名称  : 着物と装身具に見る江戸のいい女・いい男
    会期  : 2017年4月22日(土)~7月2日(日)
    主催  : たばこと塩の博物館
    協力  : 株式会社クイーポ、ポーラ文化研究所
    会場  : たばこと塩の博物館 2階特別展示室
    所在地 : 東京都墨田区横川1-16-3
          (とうきょうスカイツリー駅から徒歩8分)
    電話  : 03-3622-8801
    FAX   : 03-3622-8807
    URL   : https://www.jti.co.jp/Culture/museum/
    入館料 : 大人・大学生 100円(50円)
          満65才以上の方(要証明書)と小・中・高校生 50円(20円)
          *( )内は20名以上の団体料金
    開館時間: 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
    休館日 : 月曜日

1/2