Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

【かわてらすで涼を感じるお食事を】日本橋川に京都の「川床」のようなテラス席が誕生!

川の近くって涼しいですよね。そして水の音は癒される。
夏暑い京都では昔から親しまれている、川の上にせり出した「川床」というテラス席。
このほど東京の日本橋川でも似たような試みが実施されました。
その名も「かわてらす」
その第一号店となったのは和食の店「日本橋室町 豊年萬福」です。

view204

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「かわてらす」が誕生!

  • “かわてらす”とは
    人々が集う川沿いの“テラス”席という意味に加え、水辺でにぎわうみんなの表情を楽しく“照らす” 、太陽の光と水面に反射した光によってみんなの顔を明るく“照らす”という意味を込めて名付けました。
    出典 :かわてらす(出店事業者の募集)
     

    様々な意味をこめて生まれた言葉なんですね!
    京都などで見られる「川床」の東京版ともいえます。

  • かわてらすの仕組み

     

    今までは防潮堤までテラスを伸ばすことはできなかったそうですが、規制緩和により可能になったとの事。

  • 観光開発進む日本橋 「かわてらす」舛添知事が視察(14/05/19)

     

    舛添要一知事も視察に訪れました。

  • 川床とは?

  • 京都の鴨川沿いで見られるこの風景

     

    「川床」もしくは「納涼床」とも呼ばれます。

  • 暑い京都の夏に涼感を与えてくれます。
    川床の歴史は江戸時代まで遡るそうです。
    出典 :京都店 | 婚約指輪・結婚指輪のI-PRIMO(アイプリモ)
     

    盆地で夏は暑い京都を涼しく過ごすための工夫。
    風情を感じる風景でもありますね。

  • かわてらす1号店はここ!

  • 日本橋室町 豊年萬福(ほうねんまんぷく)

     

    中央区日本橋室町1-8-6

    地下鉄 三越前駅 B6番出口 徒歩1分
    地下鉄 日本橋駅 B10番・D4番出口 徒歩3分

    日本橋らしく「和食店」
    テラス席には5つのテーブルで40席が用意されています。

1/2