Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

都心から2時間!関東の避暑地は奥多摩でしょ!

毎年、夏の暑さが厳しくなっていますが、そのような時に冷房の効いた室内に閉じこもって過ごすのなら、思い切って避暑地を訪れてみましょう。時間がない人には、奥多摩をおすすめします。都心からわずか2時間ほどでいける奥多摩には豊かな自然や川でのアクティビティを行うことができます。

view98

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 暑い夏でも快適に過ごせる避暑地

  • 奥多摩

     

    都心の近くでありながら、多くの自然が残る場所、それが奥多摩です。

  • 毎年、夏の暑さが厳しくなっている、と感じる人も多いでしょう。実際に、真夏日や夏日が連続して出現する日数や熱帯夜の数、さらには猛暑日と言われる日の頻度が上がっており、感覚だけでなく、数字的にも日本の暑さは厳しさを増しているのです。

    そのよう時期を過ごす場所として、避暑地があります。一般的に関東では避暑地として、標高が高い軽井沢や御殿場がありますが、全国的には緯度の高い北海道などが適した場所と言われています。

    しかし、移動時間を考えると、気軽に行ける場所ではないことも多く、特に仕事をしている人では避暑地で過ごす時間よりも移動時間の方が長くなってしまうこともあります。

    そのような時のデートとして近場に屋内デートにお出かけするのも良いですが、実は都心から数時間ほど離れた場所に快適に過ごせる場所を紹介したいと思います。

    それは奥多摩です。

    奥多摩は都心からわずか数時間で行ける場所でありながら、深い緑のある奥多摩では心地よい林間の風が吹き、快適に過ごすことができる場所なんです。

  • 本当に東京?!奥多摩の大自然

  • 奥多摩の森

     

    豊かな奥多摩の森の中は避暑地として最適の場所です。

  • 都心からわずか車で数時間しか離れていないにも関わらず、奥多摩はなぜ避暑地として適した場所なのでしょうか?

    その答えが豊かな森にあります。そもそも、都心の気温が暑いのは、気候のせいもありますが、それよりもアスファルトで覆われて緑が少ないことが原因なのです。
    いわゆるヒートアイランドと呼ばれる現象ですが、このヒートアイランド現象を緩和する方法として水巻や緑化が効果的であると言われていることからもわかるように、緑が豊かな場所では、気温の上がりすぎを抑制する効果があるのです。

    その中でも森林は、直射日光を遮り、高い気温を植物や土壌の水分が蒸発することで緩和するという機能に優れているため、真夏でも比較的、快適に過ごせる場所なです。

    そして、奥多摩は東京都でありながら、自然が豊かであり、ヒートアイランド現象を緩和させる条件が揃っている場所なのです。

    深い森、清水が流れる川、そして動物たちのさまざな鳴き声が聞こる場所であり、都心では感じられない心地よい風を感じられることが特徴的です。

  • 川周辺でのアクティビティも盛ん!

     

    多摩川はカヤック、ラフティングを体験することができます。