Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

忘れ物はない!?「キャンプの持ち物」を確認しよう

キャンプの持ち物の確認をしましょう。忘れてしまっては台無しですよ。

view78

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目的を持とう

  • 目的を聞かれても、ソロキャンプの単なる宿泊手段と違ってファミリーキャンプは野外で煮炊きし、寝泊りする行為そのものが目的だと言わざる得ません。でも、ちょっと待って!手段と場所が違うだけで、通常のお泊りと何が違うのでしょう?
    出典 :ファミリーキャンプ入門(準備編)
  • トレッキング(登頂を目指さない山歩き)や、バードウォッチング中心ならば山林のキャンプ場であるとか、川遊び中心ならば渓流、河川沿いのキャンプ場であるとか、常設の遊具が充実していて小さい子供に安心、温泉施設が充実等々、何でも良いと思います。
    出典 :ファミリーキャンプ入門(準備編)
     

    目的も忘れずに持っておきたいですね。

  • キャンプは

     

    なんだか普段と違う楽しみとドキドキがありますよね。こんなに楽しませてくれるレジャーはあまりないと思いますよ!簡単に出来ておすすめです。

  • 持ち物は

  • キャンプ用品といえばまず第一に挙げられるのがテント。バンガローやロッジに泊まるのでなければ、テントが必要です。初心者の人はまずバンガローなどで泊まってみて、キャンプの雰囲気や作業に慣れてからテント泊をやるほうがいいかもしれません。
    出典 :超☆オートキャンプ用品入門(準備する持ち物や道具、必要なもの)
  • テントの中には何か敷かないと地面が硬くてくつろげません。我が家はもっぱら銀マットを長年使っています。最初はロールタイプのものを使っていましたが、今は折りたたみ式のものを使っています。 他にも専用のマット(左写真)や、エアーマットなどもありますね。
    出典 :超☆オートキャンプ用品入門(準備する持ち物や道具、必要なもの)
  • キャンプで寝るときゃ寝袋で。キャンプ用品の定番です。テントに限らず、バンガローなどで寝るときにも必要です。夏のキャンプなら3シーズン(冬をのぞく)用でいいでしょう。レンタルもできると思います。
    出典 :超☆オートキャンプ用品入門(準備する持ち物や道具、必要なもの)
     

    季節にもよりますが、一応しっかりとした毛布と防寒を用意しましょう

  • 自分専用のまくら

     

    いつも寝ている自分の枕を持っていくと・・・ちょっと安心しておちついて寝れる事もあるので持って行ってみては!?

  • その他にも・・・

1/2