Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

『Dr. コトーの島』八重山諸島へ旅行しましょ!

八重山諸島は沖縄とは一味違う旅行の名所。国内旅行なのに海外にいるような南国ムードあふれる島々です。中でも日本最西端の国境にある与那国島はドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地。黒潮の荒波と切り立った崖はドラマのまま。今回は与那国島をまとめてみました。

view52

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『ファンダイビング』スポット

     

    八重山諸島周辺にはダイビングスポットもたくさん。エメラルドグリーンの海を満喫できるスポットが豊富ですし、海の中の生物と戯れることもできます。ダイビング目的でこのエリアへ旅行に訪れる方もいますし、全国各地のダイビングスポットを巡っているような有名ダイバーも訪れるエリアなんですよ。ダイビングをレクチャーしてくれるお店もありますし、プロのダイバーがガイドとして付き添ってくれる体験コースを設定しているダイバーショップもありますよ。是非八重山諸島周辺の海を満喫してみましょう。

  • 与那国島でのダイビングは、ハンマーヘッドや海底遺跡、体験ダイビング、シュノーケリング、ダイビングスクールなど楽しさ満載。
    出典 :沖縄与那国島 | 【与那国島発着】日本最西端の島で≪ファンダイビング!≫ - マーリン
  • 「海底遺跡」

  • 沖縄県八重山郡の与那国島で10数年前、新川鼻の海岸で巨大な構造物が発見されました。それが「海底遺跡」です。本当に人工的にできた遺跡なのか、自然にできた物なのか、その謎は深まるばかりです。 場所はダイビング船を置いている久部良の港から約15分の新川鼻付近です。
    出典 :与那国島ダイビングサービスMARLIN|与那国島海底遺跡
  • 海底遺跡の一部

     

    海底遺跡と聞くとドキドキしてしまう方もいるかもしれませんが、海の中にこんな遺跡があるなんて確かにロマンを感じてしまいますよね。大昔は地上だったということですし、いったいいつごろ海の中に沈んでしまったのだろう、と当時に思いを馳せてみるのも良いかもしれません。ダイビングで海の生物の姿を楽しむのも良いですが、このようなロマン溢れる海底遺跡を目の当たりにするのも良いかもしれませんね。せっかくこのエリアに旅行で訪れたのなら、ぜひダイビングして近くで眺めてみたいものです。

  • 人工的なものか、自然のものかはさておき、遺跡ポイントは最大級の地形派ポイントに違いない。全長約100m・幅約60m・高さ約25m現在メインとなっている部分でさえこんなにも大きい。現在も調査は進行中。分布図は現在もまだまだ広がっていて、遺跡群として複数の形状が確認されそうです。
    出典 :与那国島ダイビングサービスMARLIN|与那国島海底遺跡
  • 海底遺跡の一部

     

    この画像見たことがある、という方も多いかもしれませんが、この海底遺跡も比較的有名ですよね。こんな大きな海底遺跡が海の底に眠っている、と想像しただけでワクワクしてしまう方もいるでしょう。写真で見てもこれだけの迫力なのですから、近くで見るともっと迫力を感じることでしょう。このスポットでダイビングした際には是非とも目にしておきたいものですね。

  • 海底遺跡の地図

     

    与那国島のミステリースポットと言えばやはり海底遺跡ですが、この海底遺跡を目にするためにこのエリアへ旅行をするダイバーの方もいるようです。それだけ多くの人を惹きつける魅力を持っているんですね。この海底遺跡マップは海底遺跡ツアーに参加した人に配布されるものですが、地図で見るよりも近くで見た方がもっと迫力と魅力を感じることができますよ。ちなみにこの海底遺跡、研究機関や大学のグループが研究を重ね続けていますがいまだに自然に造られたものなのか、人工的に造られたものなのか判断がつかないそうです。そういうミステリアスな部分も魅力を感じてしまいますよね。

2/2