Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

GWで海へのお出かけ!寒さ対策は大丈夫?絶対必要な物って?

夏場の海も良いですが、5月の海もとっても気持ち良いお出かけスポット☆人気の少ない浜辺でのんびり過ごすとっても贅沢なひとときですよね。しかし、5月の海はまだまだ寒いときもあるので、十分な寒さ対策が必要です!

view45

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 海って意外と寒い?

  •  

    たとえ海水浴ができなシーズンでも、海へのお出かけってテンション上がりますよね♪

  • 太陽が照りつける浜辺と青い海、夏は暑くて暑くてたまらないお出かけスポットの海ですが、実は夏でも朝晩は結構冷えます。また、昼間でもくもりの日の海もかなり寒いと感じるほど。
    その理由は海風です。気温が高いときには、その海風に心地よさを感じるものですが、気温が少しでも低いと、その海風はまるで凶器のように体を芯から冷やしてしまいます。
    そのため、海の寒さ対策は「風対策」が一つのポイントになります。

  •  

    海ではウインドブレーカーなど全身を覆える服装が基本です。
    暑い時は脱いで、そうでないときにすぐに着るように体温調節をしましょう。

    ちょっと冷え性が気になる女性はスカーフで首や肩を冷やさないようにスカーフを持っていくのもおすすめ!

  • ラッシュガードもオススメ☆

     

    最近では各メーカーが寒さ対策や日よけ対策として発売しているラッシュガードも海のお出かけの強い味方です♪

  • 濡れたらすぐに拭く!

  •  

    寒い5月に海水浴をする人は少ないと思いますが、それでも「足だけで海に入る」「うっかり海水がかかって濡れてしまった」ということもあるでしょう。

  • しっかり海に入らなくとも、足先を濡らすだけでも、そのままでいると体温はどんどん低下します。とくに、濡れた素肌が海風に晒されるとその体温の低下速度は雪山よりも早いのでは?と思うほど急激に冷えます。
    そのため、海では「肌を濡れたままにしない」ことが鉄則!

    濡れたときには、「帰りにまとめて拭こう」と思わず、素肌についた水分はこまめに拭き取るようにします。これだけでも体感温度はまったく変わってきます。

  • タオルは多めに☆

     

    海のお出かけにはタオルを多めに持って行きましょう。
    タオルが砂まみれになることを覚悟して、汚れたタオルを持ち帰るビニール袋の準備は必須☆

  • 靴や靴下の準備を忘れずに!

1/2