Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

3年に1度の【深川八幡祭り 本祭り】の見所は神輿と水掛け!

view225

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 2014年は3年に1度の深川八幡祭り 本祭りがおこなわれます。別名「水掛け祭」と言われており、沿道の観衆が約120基の神輿とかつぎ手に水をかける様子は夏の祭ならではです。

  • 今年は3年に1度の本祭り「深川八幡祭り」

  • 深川八幡祭り 本祭り

     
     

    富岡八幡宮の例祭は、「深川八幡祭り」と呼ばれ、日枝神社の「山王祭」、神田明神の「神田祭」とあわせて「江戸三大祭」として有名です。本祭りが8月17日に行われます。

    期間 8月13日(水)~8月17(日)
    場所 富岡八幡宮
       東京都江東区富丘1-20-3

  • 水掛け祭

     
     

    神輿と担ぎ手に清めの水が浴びせることから、別名「水掛け祭」と呼ばれています。水掛けは、担ぎ手の暑さ対策でもあるようです。

  •  
  •  
     

    観衆がバケツやホースで水を神輿や担ぎ手に浴びせます。

  • 水掛け

     
     

    バケツの水を浴びせるのは、コツがあるようです。水しぶきがきれいに弧を描いて絵になりますね。

  •  
     

    消防用の放水ホースで水掛け、水のトンネルの中を神輿が通っています。

  •  
     

    水から逃げることはできないですね~水濡れ覚悟で楽しみましょう。

  •  
     

    沿道の脇には、水掛け用の水が用意されていて、誰でも参加することができます。

  •  
     

    水掛けは誰でも参加できるので、一緒に楽しみましょう。

1/2