Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

20141029
 

【400年前に思いを馳せる!!】大阪で戦国デート?!『

view33

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 最近は『歴女』なんて言葉も流行り、世は戦国武将ブームですよね。そんな歴史好きなカップルに朗報です!!大阪でとっても面白そうなイベントが開催されるんですよー。今回は400年前の思いを馳せる、インテリデートについて詳しくご紹介しちゃいます♪

  • 『大阪の陣400年特別記念展』を楽しもう

  •  
     

    2014年はあの『大坂の役(大坂冬の陣・大坂夏の陣)』から数えて400年目の記念すべき年なんです。400年前には、人々が刀をもって命をかけて戦っていたなんて…私達が現在住んでいる世界とあまりにもかけ離れているような気がして、ピンとこないですよね。でも実際に400年前には、戦国の世で、私達のように人々が日々の暮らしをおくっていたんですよ。
    今回の『大坂の陣400年記念特別展』では、華々しい合戦の様子は勿論のこと、武将の家族やその子孫の詳細までがわかりやすく展示されています。
    いつものショッピングデートや映画デートにちょっとマンネリを感じる貴方!!大切な人と一緒に、40年前の世界にタイムスリップして、思いを馳せてみてはいかがでしょうか??

  •  
     

    こちらは『大坂の役』で豊臣方の武将として戦った後藤又兵衛の鎧『日月竜文蒔絵仏胴具足』です。現在放映中の大河ドラマ「軍師官兵衛」では、塚本高史さんが後藤又兵衛役していますね。大坂の役では大河ドラマ「軍師官兵衛」に出てくる武将もたくさんいますので、デート前に大河を見直すのも良いかもしれませんね♪

  •  
  •  
     

    『大坂冬の陣』と『大坂夏の陣』については、皆さん学生時代に歴史の授業で習った記憶があるかと思います。戦国時代最後の大合戦と言われるこの戦。『名前だけは記憶にあるけど、詳しいことは覚えてないなぁ…』なんて方が多いのではないでしょうか??
    折角『大坂の陣400年記念特別展』なんてスペシャルなイベントに行くのですから、行く前にしっかりと歴史の復習をしておきましょう♪その方が楽しみも倍増しますよー。
    ちなみに、『大坂冬の陣』と『大坂夏の陣』でよくある勘違いは『夏の陣』のあとに『冬の陣』があると思ってしまうこと。これは『春夏秋冬』の順番のせいでついついやってしまう間違いなんですが、『大坂の役』は冬からはじまったんですよ!!

  •  
     

    『大坂の冬の陣』『大坂夏の陣』に負けずおとらず有名な『関ヶ原の戦い』ですね!!徳川家康はこの関ヶ原の戦いで豊臣方の中心人物である石田光成らを破り、江戸幕府をうちたてたんです。天下分け目の関ヶ原に処理した徳川家康は、この後の大坂の役で、天下統一の仕上げをしようとしていたんですね。
    ところで、先ほどが使われている『大坂』という文字、何だか違和感を感じませんか??そうなんです、私達の知る『大阪』とは漢字が違っていますよね?実はこれ、間違いなどではなく、この時代『大阪』は『大坂』と呼ばれていました。何故『坂』から『阪』の文字に変わったのか、これには諸説があります。
    文字が変わったのは1871年に明治政府が行った『廃藩置県』からだと言われています。その際、『坂』の字は『土に返る=死を連想させる』ということで、縁起が悪いために『阪』の字に変えられたのだということです。真偽のほどは定かではありませんが、当時の人々は縁起をかついでこのようにしたのかもしれませんね。

  • 【大阪全体が会場?!】大坂の陣400年天下一祭

  •  
  •  
     

    大阪城公園内では様々なイベントが開催されており、大賑わいです♪本丸広場では毎週土・日、殺陣のショーもありますよ。興奮間違いなしの迫力あるショーを、無料で楽しめちゃいます!!大阪城に行ったら是非ともこちらにも足をのばしましょう。

  •  
     

    こちらは大阪城天守閣前の本丸広場で開催されているパフォーマンスです。写真では真っ赤な旗『六文銭』の紋が見えますね。これはあの有名な『真田雪村』率いる真田勢の軍勢です!!
    戦国時代の武将のなかでも、特に人気の高い真田雪村。大坂の役では豊臣勢の武将として活躍しました。この全身真っ赤な鎧もとても華やかで目立ちますね。運よくパフォーマンスを見れたら、是非記念写真を撮りましょう♪よい思い出になりますよ!!

1/2