Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

【たこ焼きデート?!】大阪たこ焼きミュージアム ♪

view121

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大阪でデートならやっぱり『食いだおれデート』がおすすめ!!大阪のソウルフード、たこ焼き。実は店舗によって結構味や食感が違うんですよ。それぞれのお店が様々な工夫を凝らし、独自の味をつくりあげているんです。今回はそんなバリエーション豊かなたこ焼きを一度に味わえちゃうとっておきの場所をご紹介しちゃいます。

  •  
     

    大阪と言えば、何といっても『たこ焼き』ですよね。大阪でデートするなら『たこ焼き』は欠かせません(笑)恋人と『これ美味しい!!』ってはしゃぎながら熱々のたこ焼きをほおばる。うーん、素適です♪
    たこ焼きの本場大阪、勿論たこ焼き屋さんは山ほどあります!!皆それぞれ好みはあれど、やはり『美味しい』と言われているお店の味に失敗はありません。有名店の味を是非食べ比べしてみたいものですよね!!でもこの食べ比べ、お店とお店の距離が離れていたりすると移動も大変です。折角のデートなのに移動で疲れてお互い不機嫌に…なーんてことも?!
    また、折角食べた前のお店の味を忘れてしまって『食べ比べ』の意味がなくなってしまったり…
    でも、この『大阪たこ焼きミュージアム 』ならそんな心配はありません!!このミュージアムには大阪で人気のたこ焼き屋5店舗が集まっており、ここに来れば各店舗の味を一度に食べ比べできちゃいますよー♪

  •  
     

    『たこ焼きミュージアム』というだけあって、単にたこ焼き店が集まっているだけではないんですねー。縁日ゲームなんて、童心にかえって恋人と楽しめちゃいますよ♪デートにぴったりですね。
    また、このたこ焼きミュージアムで、たこ焼きの歴史までお勉強できちゃうんです。たこ焼きのルーツをたどると、実は結構最近なんですよ。そのルーツは1933年(昭和8年)当時『ラジオ焼き』と呼ばれていた、スジ肉を具材にして丸く焼いた粉もの料理でした。このラジオ焼きが改良され、1935年(昭和10年)頃には、更に『明石焼』に影響を受けて、タコ・鶏卵を入れるようになりました。これがたこ焼きのはじまりですね。大阪人のソウルフード、たこ焼き。うーんとさかのぼって江戸時代くらいから大阪商人に食べられていたかのようなイメージがありましたが、意外と近代的な食べ物なんですね!

  • あべのやまちゃん

     
     

    こちら『あべのやまちゃん』のたこ焼きは、『生地』に自信アリの名店です♪外はカリッ、中がとろ~りなのは言うまでもなく、なんと!!こちらのたこ焼きは『ソースをかけずに食べるのが一番うまいい!!』とお店側が明言しているのです。生地に使用されているのは鶏ガラに約十種類の果実・野菜で4時間煮込んだスープと、昆布・かつおの和風だし。この旨みたっぷりのスープとだしによってつくられた繊細な生地の味は、ソースの味がなくても十分にその味で楽しめるという自信作です。皆さん是非一度、あべのやまちゃんのたこ焼きをご賞味ください♪

  • たこ焼十八番

     
     

    こちらの『たこ焼十八番』さんのたこ焼きはちょっと変わっています。写真を見てお分かりのように、びっしり表面についた『揚げ玉』がポイントなんです!!この揚げ玉がカリッとした食感を出しておりなんとも言えずくせになるのです♪こんなに変わっているたこ焼きは滅多にありませんので、是非一度ご賞味くださいませ。

  •  
  •  
     

    食べ比べの何が一番大変かって、やはりそれぞれの名店を渡り歩く『移動』ですよね!!勿論折角のたこ焼きならできたてあつあつを食べたいのに、各店舗を買ってまわって全部のたこ焼きがそろってから『いざ、食べ比べ!!』とやろうとしても、最初に買ったたこ焼きはすっかり冷たくなっているー、なんてことに。時間も美味しいさも失ってしまうなんて悲しすぎます…
    この『大阪たこ焼きミュージアム』ではそんな悩みは一切ありません!!

  • なにわ名物 いちびり庵

     
     

    こちらが『なにわ名物 いちびり庵』です。有名店のたこ焼きを堪能したあとは、たこ焼きにちなんだお土産の数々を吟味しましょう。純粋に『美味しさ』だけを追求したお土産というよりは、たこ焼きにちなんだネタになりそうなお土産が多いような気がします。食いだおれデートの記念に、お互いここで恋人へのプチプレゼントを買って交換してみてはいかがでしょう??お互いのセンスが試されるかも!?

  •  
     

    『たこ焼きをモチーフにしたお土産』って、普段あまりお目にかかることはありませんよね??『たこ焼きようかん』…あのソース系のたこ焼きの味と、上品な甘さのようかんの味が一体どのようにまじわるのでしょうか。ちょっと想像がつきません。でも商品としてうみだされたからには、きっと美味しい…はずですよね??
    『たこ焼きラムネ』は、聞いただけでちょっと『うっ…』となってしまいますね。味が衝撃的すぎて一気飲みは危険そう。でも、怖いものみたさでついつい買ってしまいそうですね!!

  •  
     

    こちらは『いちびり庵』内の写真です。店内が一面真っ赤ですね!!たこ焼きというと、タコの『赤』のイメージがとっても強いですよね。真っ赤に茹で上がった大きなタコがたこ焼きにはいっていると、とっても嬉しいものですよね♪

  •  
1/2