Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

都内にある癒しスポット

こんなにあった!!都内にある癒しスポットをまとめました。
日常から、ちょっとした非日常まで都内でも十分癒しを堪能できそうです。

view135

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 浜離宮恩賜庭園

  • 潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園。潮入の池とは、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園で通常用いられていた様式です。
    旧芝離宮恩賜庭園、清澄庭園、旧安田庭園なども昔は潮入の池でした。しかし現在、実際に海水が出入りしているのは、ここだけです。浜離宮は、この潮入りの池や池や鴨場を中心にした南庭と、明治時代以降に造られた北庭とに大別されます。
    この地は、寛永年間(1624~1644年)までは、将軍家の鷹狩場で、一面の芦原でした。ここに初めて屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相 の松平綱重。承応3年(1654年)、綱重は将軍から海を埋め立てて甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てる許しを得ました。その後、綱重の子供の綱豊(家宣) が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められました。
    以来、歴代将軍によって幾度かの造園、改修工事が行なわれ、十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成しました。
    明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も浜離宮となりました。その後、関東大震災や戦災によって、御茶屋など貴重な建造物が焼失したり樹木が損傷し、往 時の面影はなくなりましたが、昭和20年11月3日、東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年4月有料公開されるに至りました。なお、国の文化財保護法に 基づき、昭和23年12月には国の名勝及び史跡に、同27年11月には周囲の水面を含め、国の特別名勝及び特別史跡に指定されました。
    出典 :この公園について|浜離宮恩賜庭園|公園へ行こう!
     

    由緒正しい格式ある庭園です

  • お伝い橋と中島の御茶屋

     

    潮入の池の岸と中島を結ぶ、お伝い橋。
    中島には「中島の御茶屋」があり、水の面に映える橋と茶屋の姿は風趣に富んでいます。この御茶屋では抹茶を楽しむことができます。

  • 無料夜桜Flash待受 浜離宮恩賜庭園3 http://t.co/bPfAbwHRiP 素材提供:無料壁紙写真素材 Aqua's Room http://t.co/2NeRsEqxKE
     

    桜の名所でもあるんですね♪

3/3