Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

井の頭公園で動物と触れ合って、おしゃれな街をお散歩しよう♪【吉祥寺】

井の頭公園で動物を観ながらお散歩しませんか?都内からのアクセス抜群で、近くにはおしゃれなカフェや雑貨屋さんもたくさんあります。子連れにも優しい!!

  • kon3更新日:2014/04/22

view79

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 井の頭自然文化園の敷地面積は、井の頭恩賜公園のほぼ3分の1にあたり、動物園や資料館、彫刻館のある「動物園(本園)」と、水生物館が位置する「水生物園(分園)」に分かれています。あわせて200種を超える動物を飼育しています。
    出典 :見どころ | 井の頭自然文化園公式サイト - 東京ズーネット
     

    JR中央線、京王井の頭線、地下鉄東西線の吉祥寺にある井の頭公園。都内からのアクセスは抜群です!!

  • まずは、動物園

  • アジア象はな子は、67歳!!

     

    2014年元旦に67歳を迎え、日本国内のアジアゾウ最長寿。

  • 23年ぶりの公開!フンボルトペンギン

     

    4羽は葛西臨海水族園で産まれ、飼育されていたオス2羽とメス2羽です。

  • リスが放し飼いに!!

     

    リスやその他の動物が放し飼いになっている所です。入り口は2重になっていてリスなどが出ないように気をつけて開け閉めするように注意書きもあります。

  • 星の王子様にでてくるフェネック

     

    イヌ科の中で最も小型です。砂を数mほど掘った穴のなかにひそんで、日中の暑さ、夜の寒さをさけています。また体のわりに大きな耳は体温の発散につごうがよく、暑い昼間の砂漠でのくらしに役立っています。夜行性ですが、朝は日光浴をしていることもあります。植物の塊茎や球根も食べ、これらの植物質によって水分を補給しています。

  • モルモットふれあいコーナー

     

    常時180頭ほどいるモルモットはすべて園内生まれの個体で、「赤ちゃんのおうち」では、生まれたばかりの子どもや、子育てのようすを観察することができます。
    日時:毎日 10:00~12:00 、13:00~15:00(混雑時は時間制限あり)
    場所:動物園(本園) モルモットふれあいコーナー

  • モルモットとなかよくなるのうた

     

    モルモットふれあいコーナーの事前学習ムービーもあります!!なんと、NHK教育テレビ「シャキーン!」を手がけたデザイナーの富永まいさんの作です。

  • 水生生物もいます

  • 希少なミヤコタナゴ

     

    魚の中には変わったところに卵を産むものもがいます。その中でタナゴの仲間は全て2枚貝の中に卵を産むという習性を持っています。貝の中で卵や仔魚の時期を過ごすことは、藻などに卵を産みつける方法よりも他の魚などに食べられにくくなります。また、(貝の)えらの部分は酸素を多く含んだ水が常に流れているため、泥や砂をかぶることがありません。このような良い点があるからと考えられているそうです。

1/2