Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

世界遺産の二条城でアートを楽しむ【アートアクアリウム城】に行ってみよう!

view184

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 京都の二条城は世界遺産に登録されています。今年は登録されてから20周年ということで、記念のイベント「アートアクアリウム城」が開催されていますよ。世界遺産とアートという組み合わせが面白いですね!12月14日(日)まで開催されていますので、行ってみませんか?

  • キモノリウム

     
     

    こちらがとても京都らしい「キモノリウム」という作品。京友禅と金魚がアートを生み出しています。とても面白いですね!

  • ギヤマンリウム

     
     

    こちらがプリズム効果をもたらす水槽の「ギヤマンリウム」。江戸時代にはガラスのことをギヤマンと呼んでいたそうですよ。

  •  
     

    水槽の中に1000匹もの金魚が泳いでいるんですね!

  • 花魁(おいらん)

     
     

    こちらが今回のアートアクアリウムの中で、一番の見どころ「花魁」です。この水槽は世界最大級だそうですよ!艶やかな江戸の遊郭の世界が表現されていて、印象深い作品ですね!

  •  
     

    荒城蘭太郎さんによる舞は「二十四節季七十二候の舞」と「花魁の舞」が披露されます。二十四節季は聞いたことがあるけれど、七十二候って何のことだろう?って思う方もいらっしゃることでしょう。七十二候は二十四節季をさらに3つに分類したもので、5日ごとに移り変わります。たとえば立冬は11月7日~ですが、その中で11月7日~は山茶始開(つばきはじめてひらく)、11月12日~地始凍(ちはじめてこおる)、11月17日~金盞香(きんせんかさく)という名称がつけられています。七十二候は季節の移り変わりをより感じることができる名称となっていますね!

  •  
     

    アートを堪能した後は、台所前庭に作られた「夜祭BAR」や「お茶席」に行ってみよう!夜祭BARの酒造ナイトは京都の5つの酒蔵が参加していて、日替わりで楽しめるようになっています。

  • いかがでしたか?京都の世界遺産「二条城」でただいま開催されている「アートアクアリウム城」をご紹介しました。夜のお城にアートを楽しみに行くなんて、とても不思議な感じがしますよね!しかも普段は入れないところにまで入れるというのも魅力です。光と音で演出された幻想的な世界を見に行ってみませんか?

2/2