Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

都内に残る唯一の渡し船、矢切の渡し

view69

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 現在都内には水上バスや遊覧船などはありますが、いわゆる川の対岸同士を結ぶ渡し船というのは、唯一、矢切の渡しのみとなっています。そんな矢切の渡しをいろんな角度からご紹介します。

  • 基本情報(料金・運航日等)

  • 住所:東京都葛飾区柴又~千葉県松戸市矢切間、江戸川
    営業時間:9:30~16:30頃(夏季・毎日運航)、9:30~16:30頃(冬季・土日祝日のみ運航)
    料金:片道200円(大人料金)

  • 矢切の渡し=あの演歌がどうしても思い浮かぶということで…

  • やはり細川たかしですね~

     
     

    なんでも、作詞家と作曲家が、製作当時矢切の渡しがなくなりそうだという話を聞いて、せめて歌だけでも矢切の渡しを後世に伝えようという思いから作った曲だそうです。

    でも、今に至るまで現存し、たくさんの観光客を呼ぶスポットとなりました。これもひとえに細川たかしさんはじめ、楽曲に携わった関係者のおかげでしょうね。

  • 細川たかし - 矢切りの渡し - YouTube

     

    せっかくなので、歌もまとめの中に入れておきましょう。

2/2