Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

秋の旅行デートは伝統的な建物がいっぱいの大内宿はいかが?

紅葉が綺麗な秋は旅行デートに最も適した季節です。おしゃれで都会的な場所やリゾート感のある場所も良いですが、たまには日本の歴史的な建築物や街並みを見る旅行も素敵だと思いませんか。今回は昔ながらの建物のために重要伝統的建造物群保存地区に指定されている大内宿を紹介します!

view20

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 伝統的な街並みが魅力的な大内宿

  • 大内宿は福島県にある旧宿場です。全長およそ450mの道に伝統的な民家が立ち並ぶ景色はまるで、時が止まったかのような印象な風景が広がります。
    全国的にも珍しい風景は、重要伝統的建造物群保存地区に指定されていることで、今日までその姿を残してきました。

    もともとは、江戸参勤や江戸廻米の輸送、そして近隣の藩の往来として使用された重要なルートとして栄えた大内宿は今ではすっかり観光地として親しまれています。
    しかし、大内宿はもともと観光地を目指した地域ではなく、時代の流れによって形成された観光地と言えるでしょう。

    この大内宿エリアの特徴は厳しい自然環境にあります。盆地地形をしているため、夏は暑く、冬は寒いという生活のしやすさという意味では困難の多い地域といえます。そのため、ルートとして発達しながらも戦後の町自体の発達は周囲に比べて遅れをとってしまったのです。

    しかし、振り返ってみると、そのように伝統的な街並みが残っていたことによって、それを観光資源として利用できるようになったのです。他にはない個性的な魅力は年々注目度を集め、今後増える外国人観光客にもアピールできる可能性が十分にあるのです。

  • 国選定重要伝統的建造物群『大内宿』

     

    所在地:福島県南会津郡下郷町大内山本8
    電話:0241-68-2657

  • そんな大内宿の魅力はやはり伝統的な建築物と周囲をとりまく景観です。
    まるで時代劇のような風景は、どこか癒される空間として観光客を日々癒してくれています。

    また、大内宿はそばやお酒など美味しい名産品があることでも知られています。
    食べ方も特徴的で、箸ではなくネギを使って食べるのがご当地風。水が綺麗なため、日本酒の味も格別です。

  •  

    水が綺麗なこの地域には美味しい日本酒の宝庫です。
    秋行くとできたてのお酒を堪能できますよ!

  • 最近では、地方の個性を生かした観光産業がさかんになっていますが、大内宿もその流れに乗るため、さまざな企画が用意されています。
    もっと最近では、大内宿の歌が発表されました。歌うのは地元出身の新人歌手です。

  • 馬場ゆかり/「大内宿」

     

    会津若松市出身の新人歌手が歌う地元の歌です。
    これがデビュー曲という彼女の活躍にも注目が集まります!

  • さらに、初めてきた人をもてなすサービスも充実しています。おすすめの楽しみ方は「ガイドと歩く大内宿」の利用です。地元の人が地元について、さまざなことを教えてくれます。普段の生活や自然との付き合い方、美味しい山菜が採れる場所なども教えてもらえるかもしれません。

  • この秋、どこか旅行に行ってのんびりしたいな〜という人は、ぜひ大内宿も検討してみてはいかがでしょうか?
    きっと素敵で思い出深い旅になると思いますよ♪