Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

近日公開の映画!「トランセンデンス」など  注目作品の魅力にせまる 

現在CMで宣伝中の映画「トランセンデンス」など、今月来月公開の注目作品について魅力を解説します。

view66

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子役たちは皆、私のことを怖がって近づこうともしなかった」と明かす。角や牙を生やした特殊メイクでマレフィセントに扮したアンジーの姿が、小さな子どもたちにとってどれほど怖いものに見えたか、想像に難くない。「怖がらずにマレフィセントと戯れてくれる子がヴィヴィアンしかいなくて、最終的に彼女に演じてもらうことにしたの」とアンジ
    出典 :アンジー、母娘初共演の陰にブラピあり「子供との共演は大変」 (アンジェリーナ・ジョリー) ニュース-ORICON STYLE-
     

    自分の母親なら怖くないですよね。
    でも、アンジーの場合、特殊メイクをしていなくてもけっこう怖いかも。

    映画「ツーリスト」みたいに座席が隣になったら、普通の人は、ジョニデのように会話できませんよ。

  • この映画は、人間と妖精界の古い戦いの歴史の中で見られる壮大なラブストーリーなのです。テンポのよいストーリーと奇抜な展開は見る人を飽きさせず、きっとあなたの予想を超えた結末になります
    出典 :映画マレフィセントでアンジェリーナ魔女が怖い!原作ネタバレと見所は? | ほほぅ…の話題・ニュース!
     

    本作では、オーロラ姫に呪いをかけるに至った経緯と、マレフィセントが魔女になってしまった過去が描かれていて、その禁断の秘密に迫ります。

    ディズニーが描く、おとぎ話から見えた「真実の愛」とは?
    恐ろしいだけじゃない、悲劇のヒロイン「マレフィセント」の善悪逆転ストーリー、ぜひお楽しみください。

  • 日本の小説が原作「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

  • オール・ユー・ニード・イズ・キル

     

    トム・クルーズ主演
    近未来の地球で侵略者と戦うSFアクション大作。
    2014年7月4日公開。

  • 桜坂洋のライトノベルをトム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、謎の侵略者との戦闘に挑んでは戦死するという不条理な世界に囚われ、同じ出来事を永遠に繰り返す男が同じ境遇にいる女性兵士と出会い、現状を打破しようと奮闘する姿が描かれる。
    出典 :オール・ユー・ニード・イズ・キル | Movie Walker
  • 『マトリックス』『パシフィック・リム』――ハリウッドに多大な影響を与える日本製カルチャー。そして、ついに日本の小説を直接映画化したハリウッド超大作が誕生した!原作は桜坂洋の傑作SF小説、「All You Need Is Kill」。斬新な設定、スリリングな展開。そのすべてに魅了されたトム・クルーズは超一流の布陣で製作に挑んだ。
    出典 :オール・ユー・ニード・イズ・キル|イベント&サービス|イオンシネマ
     

    「ラスト・サムライ」など、親日家で知られるトム・クルーズ。
    そんな彼の新作は、日本の小説を映画化したSF超大作。

    スタントマンを使わないことでも有名なトム・クルーズなので、アクションシーンにも大いに注目です!

  •  

    共演は、「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラント。

2/2