Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

リオ五輪で注目のブラジル旅行は危険がいっぱい?注意したい3つのこと

この夏、もっとも注目された国の一つといえば、リオ五輪で盛り上がったブラジルではないでしょうか。TVでオリンピックを鑑賞した人も多いと思いますが、9月7日からパラリンピックが開幕するということもあり、まだまだブラジル熱は下がりそうにありません。そんなブラジル旅行では注意すべき点が3つを紹介します。

view15

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • リオ五輪が開催されているブラジルってどんなとこ?

  • ブラジルでもっとも有名な観光資源として知られているのは、リオのカーニバルではないでしょうか。しかし、今回リオ五輪が開催されたことで、オリンピックに関連する施設なども今後、観光スポットとして注目を集めそうです。

    「2016年のオリンピックはもう終わったでしょ?」と思うかもしれませんが、9月7日からはパラリンピックが始まります。オリンピックでは日本人選手が多くのメダルを手にしましたが、パラリンピックにもメダル候補がたくさんいることで知られています。

    そのため、パラリンピックが終わるまではまだまだブラジルから目が離せない時期が続きそうです。

  • ブラジルの国旗は「ある夜」の星座が描かれている!

     

    今回のリオ五輪で連日ブラジルの国旗を目にしたという人も多かったのではないでしょうか。

    このブラジルの国旗は無血革命によって帝政から共和制になったときの夜空が描かれています。輝く星は、こいぬ座、おおいぬ座、おとめ座、南十字星、八分儀座、南のさんかく座などです。描かれている文字の意味は「秩序と発展」と記されています。

    オリンピック開幕前までは遅れた会場整備や貧困や問題となっていただけに、この言葉にはちょっとびっくりしてしまいますね。

  • ブラジル旅行は危険?

  • 今回のオリンピック前には、異例とも呼べる日本人選手団へのガイドラインが出されました。

    それは、ブラジルでの安全管理に対するものです。現在ブラジルの経済状態は決して良好はいえず、そのため、市街地では多くの強盗やひったくりなどの被害が出ているとあって、日本人選手団には、選手村から外へでないことや、空港から選手村への移動時には「JAPAN」の文字の入った服を着ないように、など多くの指導が入りました。

    また、ジカ熱を媒介する蚊の問題もあり、世界の選手の一部では、オリンピックへの出場を辞退する騒ぎにもなりました。このような報道がなされたため、選手団はもちおん、日本から応援に行くもかなり危険を意識しながらのブラジル入りとなったのではないでしょうか。

  • コルコバードのキリスト像

     

    治安が悪いと言われるブラジルですが、実は人口の8割以上はクリスチャンと言われています。博愛を説く宗教のはずなのに、強盗などが多いというのも、なんとなく悲しいものですね。

    しかし、そのような土地だからこそ、巨大なキリスト像が必要である、という意味もあるのかもしれません。

  • ブラジル旅行で気をつけたい3つのこと

  • リオ五輪の日程

     

    第31回オリンピック競技大会:8月5日〜21日
    第15回パラリンピック競技大会:9月7日〜18日

  • これからブラジルへ行く人にぜひ知っておいて欲しいはブラジルの危険性です。できるだけ被害に合わないためには、3つのことを意識する必要があります。

    その3つは、人を信じない、貴重品は肌身から離さない、一目につくところで貴重品を出さない、ということです。海外へ行く際には、この3つは基本となることですが、現在のブラジルではとくに意識して守って欲しいポイントです。

    なお、貴重品には現金だけなく、スマートフォンやブランド物の時計、バッグなども入ります。

    無用なトラブルに巻き込まれないために、周囲への警戒を常に怠らず、ホテルの部屋などの安全なところ以外では財布やバッグの中が他人に見えることがないように十分に気をつけましょう。