Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

現代美術ってステキ!!アートアワードトーキョー

現代美術の若き才能が丸の内に。美術好きの人はもちろん、ふだん美術になじみのない人にもオススメのイベントです。

view91

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 特別展示もあり。

  • 過去アートアワードトーキョー丸の内に参加した作家の中から、現在プロフェッショナルとして活躍する3名の作家の作品を展示します。
    出典 :イベント | a.a.t.m. アートアワードトーキョー丸の内 2014
     

    川島崇志・2011年後藤繁雄賞
    荒神明香・2007年グランプリ
    佐藤翠・2010年小山登美夫賞 の3人の展示です。

  • 審査が独特。

  • この催しの特徴は、一定の決まった期間、つまりは美術大学の卒業・修了制作発表のシーズンに、何名かの審査員が、出来る限り足を使って発表の現場に赴き、実作を見ながら選考していく、という所にある。
    出典 :アート アワード トーキョー 丸の内|アート・さ・え・ら(高橋明也)|マガジンオンライン | 三菱地所のレジデンスクラブ【公式】
     

    各人が可能な範囲で分担して見て回ることになり、見落とした分はポートフォリオなどによるファイル審査で補うとのこと。

  • 現場で作家に話を聞いたり、実際の展示スペースに飾られる作品を前に直にやり取りをしたり。これって、万人に公平ではないけど深い見方ができるってことか。

  • 今年のa.a.t.m.は審査員の方の顔ぶれも新たに、今村有策さん、神谷幸江さん、後藤繁雄さん、小山登美男さん、高橋明也さん、建畠晢さん、倉本美津留さんに審査頂きます。リニューアルしたa.a.t.m.ご期待ください!
    http://t.co/4sa7jmY6IY
  • 2014年ゲスト審査員  倉本美津留

     

    放送作家、ミュージシャン

    放送作家として、「ダウンタウンDX」、Eテレのこども番組「シャキーン!」、アートバラエティ「アーホ!」などを手がける。これまでの仕事に「ダウンタウンのごっつええ感じ」「M-1グランプリ」「伊東家の食卓」「たけしの万物創世記」他

2/2