Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

蒸気機関車が走る鉄道路線をご紹介

view72

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 蒸気機関車は鉄道の初期には当たり前のように走っていましたが、煙の少ないディーゼル車、さらには電化が進むにつれて電車が台頭し、今では観光目的に復活した蒸気機関車が残るのみとなりました。そんな、今でも蒸気機関車が走っている路線をご紹介します。

  • 大井川鐡道(静岡県)

     
     

    C10 8、C11 190、C11 227、C56 44の4両が動態保存されています。
    線内にてSL急行として活躍中です。

    日本でも有数のSL動態保存に熱心な鉄道会社で、この他、静態保存機も複数所有しています。

  •  
     

    SLの保守作業の様子。
    華々しい動態保存の陰には、こうした地道な整備作業があるのですね。

  • 真岡鐡道(栃木県・茨城県)

     
     

    C11 325、C12 66の2両が動態保存されています。
    「SLもおか号」として、時には2両の重連で走ることもあります。
    C11 325については、JR東日本線内、会津方面に出張することもあるそうです。

    途中の真岡駅はSLを模した駅舎になっており、終点の茂木駅には転車台があり、一般の方も転車の様子を見ることができます。

  • 真岡鉄道 C-11 - YouTube

     

    茂木駅構内にある転車台を使った、SLの転車の様子です。

  • 秩父鉄道(埼玉県)

     
     

    C58 363の1両が動態保存されています。
    秩父鉄道本線内の「パレオエクスプレス」の他、時々JR上越線内にも顔を出したりしています。

2/2