Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

思想家のルドルフ・シュタイナー展天使の国 、アートではないアートとは

view93

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 哲学やスピリチュアルに興味のある方なら知っているルドルフ・シュタイナー展天使の国、知らない人でも何か感じるものがあるのではないでしょうか、この時代で人間の生きるとは何かを伝えてくれるシュタイナーの残してくれたものに天使の国を見に行きたいですね。

  • 誰もが感じるアートと思想

  • 絵画やアートを見て何かを感じ、自分の思いと重ね合わせるいろんな芸術家の世界を覗き込んで笑ったり時には泣いてしまったりそんな魅力を感じるシュタイナーの作品と言ってもアートとして書いているわけではないメッセージをどうとらえればいいのでしょうか。

  • 黒板ドローイング 月と地球

     
     

    きれいな配色が昔の絵とは思えない作品ですね。

  •  
     

    哲学者や研究家の作品はやはり見てみたいですね。

  •  
     

    いろんな芸術家が尊敬する人物なのですね。

  • ワタリウム美術館

     
     

    いろんな顔の大きな写真が目立っていますね。

  •  
     

    美術館としてアートの世界を見せてくれるワタリウム美術館

  • 黒板ドローイング「左か右か」(1922年12月16日)

     
     

    こちらも脳内世界が映し出されているような作品ですね。

  •  
     

    現代になっても共通点のある作品を感じてみたいですね。

1/2