Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台がリニューアルオープン♪見るから体験する展望台へ変身!

池袋を代表する建物、施設であるサンシャイン60が、この春、展望台をリニューアルオープンさせました。横浜FCランドマークタワーができるまでは、日本一の高さを誇っていたサンシャイン60展望台は、現在でも池袋のシンボルです。リニューアルされて、どのように変わったのでしょうか?

view14

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 池袋を代表する施設♪サンシャイン60

  • サンシャイン60は池袋の中でも、とくに流行と文化の発信地として親しまれている施設です。開業当時、1978年は日本だけでなく、アジアでもっとも高いビルとして注目されました。

    有名企業や協会などの多くの組織が入るオフィスビルでありながら、展望台として人気の観光スポットでもあります。

  •  

    「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」からの景色です。
    元アジアNo.1と言われるだけあって、その高さは迫力ものです。

    遠くにはスカイツリーも見えていますね。

  • 休館から約1年、ようやくオープン♪

  • サンシャイン60の展望台は2015年5月のG.W.直後からリニューアル工事が始まり、2016年のG.W.直線となる4月下旬にリニューアルオープンしました。

    およそ1年かけたリニューアル工事によって、サンシャイン60の展望台は「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」として、新たな展望台へと生まれ変わりました。

  •  

    リニューアルオープンした展望台は、「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」。
    新しいロゴでデザインマークは、サンシャインらしい爽やかさがありますね。

    「SKY CIRCUS」は空のサーカス。
    雲に乗った気分で、天空から地上を見たり、個性的な仕掛けを楽しむことができる体感アミューズメントがいっぱいあります。

  • 展望台も「体験時代」へ

  • 最近では、多くのミュージアムや水族館、動物園などで体験をテーマにリニューアルオープンしていますが、「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」もこの流れに乗ったようです。

    リニューアルの柱となるのは、「見るだけの展望台」から「体感する展望台」へとコンセプトチェンジで、これにより体験を重視する内容となりました。

  • 天空251

     

    ここは地上251mの世界です。
    雲の隙間から、地上の景色を楽しむフロアとなっており、雲の中を体験している気分を味わえます。

  • カレイドスケープエリア

     

    こちらは、雲の上の迷路の部屋です。鏡と光が織り成す視覚効果を楽しみながら、窓の外を堪能することができます。

    この他にも、最新テクノロジーを使ったSKYブリッジ、空の上で天気を操るSKY PARTYなど個性的な部屋と仕掛けで来館者を楽しませてくれます♪