Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

赤城ふれあいの森で見られる野鳥の種類をご紹介

  • cocoa更新日:2014/11/12

view158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 群馬県前橋市にある「赤城ふれあいの森」には自然がいっぱいで、野鳥も多く飛んできます。野鳥の観察スポットとしても有名で、公園内には野鳥の森などあらゆる場所で観察することができます。
    自然の中でしか見られない鳥たちの姿をそっと眺めてみると心が癒されるのでは。

  • 赤城白川

  • ハクセキレイ

     
     

    割と市街地でも見られる野鳥。普段はミミズなどをとって食べますが、人がこぼしたパンくずなども食べているよう。
    チョコチョコと速いスピードで歩く様子を見たことがあるのでは。

  • コサギ

     
     

    コサギは他にダイサギとチュウサギがおり、3種まとめてシラサギと呼ばれています。
    そしてさらにダイサギより大きいオオダイサギがいるそう。
    冬を越すためにやってくる冬鳥です。

  • ヒヨドリ

     
     

    花の蜜が大好物のヒヨドリ。体全体が灰色なのが特徴です。
    以前は冬鳥とされていましたが、現在は一年中日本にいるようになりました。
    赤い木の実を付ける樹にちょこんと止まる姿がかわいいですね。

  • 野鳥の森

  •  
     

    野鳥の森で見られる野鳥たちを記した看板。季節によって変わる鳥、そうでない鳥がおり、森の中ではいつでもバードウォッチングが楽しめそうです。
    名前を知っている鳥や姿を見たことがある鳥もいますが、あまり知らない種類ものっていますね。

  • ホオジロ

     
     

    日本なら屋久島より北でたいていみられる野鳥。木のてっぺんや電線の上でさえずっている姿をきっと目にしているはずです。地鳴きは「チチッ」と一声でかわいらしいもの。
    似た鳥にシジュウカラがいますが、実はシジュウカラの方が頬の白が大きいためホオジロと勘違いされているということもあります。

  • キセキレイ

     
     

    関東から関西に多く見られている野鳥。北海道や九州でもその姿が見られていることも。
    たいてい一年中その場所でとどまりますが、中には冬に南へ移動する鳥も。
    名前の通りセキレイの仲間ですが、胸から腹にかけて黄色があるとキセキレイになります。

  • シジュウカラ

     
     

    日本では北の方で見られる野鳥で、現在は市街地に住んでいることもあります。
    巣穴は木の穴に作りますが、人工的に作られた穴に巣穴を作る場合も。

  • カワラヒワ

     
     

    成鳥は草の種を好んで食べ、ひな鳥には虫の幼虫を食べさせて育てます。
    日本では北海道から九州まで幅広く生息している野鳥。山林だけでなく、市街地でもその姿が見られています。

1/2