Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

山形県で松茸狩りを体験!松茸探しを楽しもう

秋に味わいたいのが高級品の松茸!中々松茸狩りを体験できる所はないのですが、実は山形にありました!

そこで今回は山形の松茸山の情報を紹介していきましょう。

view1700

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 広い山からそんな確率の低い松茸を探すのは困難なんですが、松茸は地中にシロを形成し、秋の9~11月に子実体(ふつう松茸とよばれるキノコ)を地上に出します。
     ですから毎年シロの範囲で子実体が発生するので、シロのある場所にしか生えません。
     どこにでも生えるものではないんです。
    出典 :松茸の生える場所は松の木の根元だけではない。 松の陰から/ウェブリブログ
     

    松茸が生えやすい場所を把握しておきましょう!

  • 松茸狩りのコツ:その1
    マツタケは太い木の周りに生えます。
    腕で抱えるくらいの太さの松の木を探しましょう。

    松茸狩りのコツ:その2
    松茸は群生して生えています。
    1本見つけたらその周りを集中的に探しましょう。
    出典 :主婦の鑑 松茸狩りのコツとポイント
     

    また、松茸は毎年同じ場所に生えるそうなので、過去に行ったことがある松茸山に行く場合は、過去に松茸を見つけた場所を探してみましょう!

  • 天然松茸のオススメレシピと保存方法

  •  

    松茸が採れたらどうやって料理するか悩みますよね?

    松茸ご飯やお吸い物も良いですよね!

  •  

    オススメはホイル焼きです。
    作り方も簡単ですし、ホイルに包んで焼けば松茸の独特の匂いが楽しめる料理です。

  • また、1日では松茸が使い切れない場合は正しい保存方法で保存しておきましょう。

  • 松茸は届いたその日に食べるのがベストですが、短い間、松茸を保存する方法は、キッチンペーパーなどに包み、ビニール袋やたっパーに入れ、冷蔵庫に入れます。(翌日くらいまで保存する場合)
     ・紙に包むのは湿度を抑えるためです。(湿度が高いと腐りやすくなります。)
     ・ビニール袋やタッパーに入れるのは、他の食品の匂いが移るのを防ぐためです。
    出典 :松茸のホイル焼き/料理レシピ【里山屋】
     

    美味しい秋の味覚、松茸をしっかり楽しみましょう!

2/2