Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

 

沖縄へ行かずに都内にて、本場同様なタコライスを食べれるお店を探しました!

view333

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ごはんに炒めた挽肉、チェダーチーズ、シャキシャキレタス、トマトを載せて、サルサソースをかける「第二のカレー」とも称される「タコライス」は、沖縄の風土が育んだ日本流解釈の洋食です。意外とソースの味決めが難しいとか?都内有名店を探してみました。

  • 概要

  • タコライス (taco-rice) はメキシコ料理「タコス」の具を乗せた飯という意味です。

  •  
  • 1980年代に沖縄県金武(きん)町で誕生したと言われています。県内では1990年代から学校給食に採用され一般的な料理となっています。

  • 沖縄県金武町「キャンプハンセン」のゲート前飲食店街にある「パーラー千里(せんり)」「キングタコス」の創業者、儀保松三が米兵のために考案したものだそうです。

  • パーラー千里のタコライス

     
  • 皿に盛った米飯の上にタコミート、千切りのチーズ、レタス、トマトなどを順に載せ、トマトベースの赤いサルサをかけて食べるスタイルが一般的ですが、本当のオリジナル・スタイルは「米飯とタコミートのみ」です。

1/2