Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

町全体が博物館!400年以上の歴史ある松本を観光しよう。

平成の大合併により見どころが増えた松本の観光にスポットを当ててみました。

view27

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 国宝松本城を中心とする旧城下町「松本」

  • 本州及び長野県のほぼ中央に位置しています。平安時代には信濃国府が置かれ、中世には信濃守護の館が、そして江戸時代には、松本藩の城下町として栄えてきました。明治40年5月1日に市制を施行し、平成19年には市制施行100周年を迎えた歴史ある街です。

  •  

    松本を語る上ではずせない松本城は、文禄(1593~1594)年間に建てられた五重六階の天守としては日本最古。幾たびかの存続の危機を乗り越え、四百余年の風雪に耐え、戦国時代そのままの天守が保存されています。
    明治の大改修後、昭和11年に国宝に指定されました。姫路城、彦根城、犬山城とともに四つの国宝城郭のひとつです。

    松本城管理事務所
    〒390-0873
    長野県松本市丸の内4番1号
    TEL 0263-32-2902 
    無休(12月29日から1月3日までを除く)
    開城時間 8:30~17:00まで(最終入城は、16:30まで)

  • マチ全体が屋根のない博物館「松本」

  • 松本市域を「屋根のない博物館」としてとらえ、施設内という限定された空間から環境そのものを博物館とする開かれた博物館
    出典 :松本まるごと博物館 | まる博って何?
     

    これまでの施設中心の博物館から、施設と資源、施設と人、資源と人、そして人と人といった各館のネットワークに力を入れ、新たな博物館活動を展開しています。松本市立博物館とその附属施設以外にも、多くの博物館があります。

  • 文化薫るアルプスの城下まち
    出典 :松本市の概要~文化薫るアルプスの城下まち – 松本を知る - 松本市公式観光情報ポータルサイト 「新まつもと物語」
     

    明治以降は製糸業を中心とした近代産業が盛んになり、大正3年には日本銀行松本支店が開業されるなど、長野県下における経済金融の中心地となりました。明治6年の開智学校の開校に始まり、大正期には松本高等学校の招致など伝統的に教育を尊重する気風が強く、以降、芸術文化の息づく教育のまちづくりを進めています。

  • 岳都・学都・楽都、美しい三重奏の響き三ガク都

             ~学都~

  • 豊かな文化をはぐくんできた松本

  • 旧開智学校

     

    重要文化財旧開智学校校舎
    〒390-0876
    長野県松本市開智2丁目4-12
    TEL 0263-32-5725

  • 旧制高等学校記念館

     

    昭和56年に旧制松本高等学校の記念館として開館。平成5年に全国の旧姓高等学校の資料を集めて新たに開館しました。

    旧制高等学校記念館
    〒390-0812 
    長野県松本市県3-1-1
    TEL 0263-35-6226

1/3