Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

都心でラグジュアリーなキャンプが楽しめる!WILDMAGICについて

今や、手ぶらでキャンプは当り前。キャンプはやってみたいけれど、ちょっとでも辛い目に合うならやっぱりホテル・・・と思っている方に朗報!WILDMAGICならそれを可能にしてくれますよ。都会で、さらにラグジュアリーな気分でのアウトドア・・・贅沢ですね。

view319

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 2014年4月1日(火)に新たにオープンする『THE THIRD PARK ANNEX』を利用するプランです。 昨年夏に期間限定で実施した際に大好評をいただいた「ロングステイ」設定で、通常のランチ/ディナープランと同額料金(1人4,500円~)のまま、利用時間が1.5倍(12:00~18:00の6時間利用)となっています。
    出典 :WILDMAGIC -THE THIRD PARK-|豊洲|アメリカンスタイルの手ぶらBBQ(バーベキュー)
     

    日帰りのロングステイというプランもあります

  • WILDMAGICのメインとなるのが、オートキャンプ場「THE THIRD PARK(ザ サード パーク)」。敷地の東西に計50サイトあり、1区画なんと100平方メートル超。利用者は、お気に入りの食材やギアを持ち込んで楽しむ「セルフサイトコース」と、機材・食材・セッティングから片づけまですべて含んだ「フルセットコース」の2コースから好きなほうを選ぶことができます。
    出典 :2/3 都内で本格キャンプ! WILDMAGIC/ワイルドマジック [子供とおでかけ] All About
     

    片付けまで付いているコースもあるんです!さすが

  • 最大2台までサイト内への車乗り入れが可能なプランがあります。その他のプランをご利用の場合は、公共交通機関をご利用いただくか外部有料駐車場をご利用ください。
    出典 :WILDMAGIC -THE THIRD PARK-|豊洲|アメリカンスタイルの手ぶらBBQ(バーベキュー)
     

    サイトに2台車が入ることが出来るのはうれしいかも。2組でキャンプが出来ますね!

  • 実際の口コミを聞いてみた

  • WILDMAGIC

     

    都会ならではの夜景。
    こういうのも少し贅沢なのかも。

  • セルフサイトなら当日予約に空きありました。ただ・・・高い。オートキャンプで1万円です。場所柄仕方ないのかもしれませんが、うーん高い。17時~翌日10時までの時間設定も、通常のオートキャンプではありえない設定ですが、子供が学校から帰ってから出ることを考えると、キャンプサイトへの出遅れ感がないのはいいかもしれません。
    出典 :豊洲のワイルドマジックでオートキャンプしてきました。|NV350キャンピングカーで四季を満喫!
     

    何がいいのかと言うと、近場で泊まりがけのキャンプができるというところでしょうか。豊洲という場所柄、そこでホテルで泊るよりはるかに安い。

  • 敷地内のトイレはいつ行ってもキレイでピカピカでした! これポイント高いよね!何よりも怖かったのは、明け方にバサバサという羽の音。もしやと思ったら、恐ろしいほどの数のカラスたちでした。ヒッチコックの映画を思い出してしまった。前日のBBQで残った食べ物を狙ってきたんだね。WILDMAGICに泊まるのなら、夜のうちにゴミをテント内にしまっておいたほうがいいかも。
    出典 :Round 2|話題のWILDMAGICでキャンプ泊してきた話
     

    これぞ都会の欠点ですね。
    ただ、トイレがピカピカなのはかなりポイント高いかも。

  • 周辺の観光スポットも盛りだくさん。  なにしろ、東京の銀座・丸の内まで3km圏内。ディズニーランド、幕張メッセにも近く、それぞれクルマで行ってもよし。新豊洲駅から 「ゆりかもめ」 を使うのもよし。逆に、都心で働くサラリーマンが、退社後に、ビアガーデンに寄る気分で遊んでいくことも多いと聞いた。
    出典 :都市型キャンプ場 「ワイルドマジック」 | 町田の独り言
     

    なるほど!こういった使い方もあるんですね

2/2