Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

一度は行ってみたい現代美術の瀟洒な殿堂【原美術館】

東京の品川にある原美術館。現代美術で有名なプライベート美術館ですが、その落ちついた、素晴らしい雰囲気に一度は訪れてほしいところです。カフェも素敵。

view37

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 原美術館とは?

  • JR品川駅から車で5分ほどの住宅街のなかにある原美術館は、東京ガス会長、日本航空会長、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)総裁などを歴任した実業家原邦造の邸宅であった。原邦造の養父の原六郎も実業家、美術品収集家として知られている。
    出典 :原美術館 - Wikipedia
  • 原美術館

     

    住所
    〒140-0001   東京都 品川区 北品川4-7-25

    最寄駅 北品川/品川

    TEL
    03-3445-0651

    FAX
    03-3473-0104


    休館日 月曜日[祝日にあたる場合は開館し翌日休館]
    展示替え期間、年末年始

    開館時間 11:00am-5:00pm
    [祝日を除く水曜日は8:00pmまで開館・入館は閉館30分前まで]

  • 現在、原美術館として活用されている瀟洒な邸宅は、渡辺仁の設計で昭和13年(1938年)竣工したもの。渡辺は上野の東京国立博物館本館や銀座の和光本館(旧服部時計店)の設計で知られる、当時の代表的な建築家である。
    出典 :原美術館 - Wikipedia
  • 静謐な館内

     

    心が落ち着く雰囲気で、ゆっくりアートに触れる

  • 1979年の開館以来、年3~4回の展覧会・講演会・パフォーマンスなどのイベントを通じて各国の現代美術を紹介している美術館。所蔵作品は1950年代以降の現代美術作品が約850点あり、内容は絵画・彫刻・写真・ビデオ・インスタレーション等多岐にわたる。私邸として1938年に建造された建物も見所のひとつ。中庭を臨むカフェとショップがあり、都会の喧騒を離れ心を豊かにするひとときが過ごせる。
    出典 :TAB スペース - 原美術館(東京)
  • 宮島達男のインスタレーションもあります。

  • 取り扱い作家/収蔵作家
    ジャン=ピエール・レイノー、宮島達男、森村泰昌、草間彌生、ナム・ジュン・パイク、須田悦弘、辰野登恵子、ジャン・デュビュッフェ、ロバート・ラウシェンバーグ、シンディ・シャーマン、アンディ・ウォーホル、横尾忠則、セザール、アレキサンダー・カルダー、荒川修作、中山ダイスケ、周鉄海、ほか

  • Hara Museum of Contemporary Art, Tokyo 「原美術館」

1/2