Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

最近できた「オーク表参道」のカフェに観光気分で行ってみませんか?

表参道の新名所「オーク表参道」は、モリハナエビルの跡地にできた新しいランドマークです。ちょうど表参道ヒルズの向いになります。そこにすてきなカフェが二つあります。観光で表参道に行くなら必ず寄ってほしいカフェです。

view135

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 表参道の新しいランドマーク?

  • オーク表参道

     

    表参道の交差点からほどちかいところ、地下2階地上9階建て、ハナエ・モリビルの跡地に建てられたビルです。その印象を残そうとデザインされました。建築設計を大林組、ファサードデザインを丹下都市建築設計が担当したとのことです。もちろんケヤキ並木や、周りのビルとの景観を配慮して考えて造られています。モダンな中に和の本質を入れ込んだつくり、さすがスケールがちがいますね。世界のファッションストリートですね!

  • 2階エントランスのところは、古代の石室をイメージしてつくられているアート空間「究竟頂 (くっきょうちょう) 」です。実はこの空間がカフェへと繋がっているのです。石は中国から運ばれてきました。厚さ25cm、総重量は500tもあるそうです。

  • 施設の中には、「エンポリオ アルマーニ 青山」、「コーチ表参道」、「スリードッツ青山店」といったファッションの最先端をいくようなブランドショップです。そして、「茶洒 金田中」、「ネスプレッソブティック 表参道店」というおしゃれなカフェがあります。

  • 茶洒 金田中というカフェについて

  • 茶酒 金田中

     

    〒107-0061 港区北青山3-6-1 オーク表参道 2F
    03-6450-5116
    11:30~20:30(L.O)
    ランチ 11:30~14:00

  • サシャカネタナカと読みます。新ばし料亭金田中の運営するカフェです。西洋の文化であるカフェは、ただの喫茶の場ではなく、くつろいだり、語りあったり、読書をしたりする場所です。お酒も愉しめる場所でもあります。そこが茶酒の名前のゆえんです。和食のメニューで、お茶に御菓子、酒に軽食をとりそろえました。内装は世界的に活躍する杉本博司氏が手がけ、エントランスホールから続く石室をイメージしたアート空間の延長である苔庭をながめることができます。個室からはエントランスの「究竟頂」を眺めることもできます。

  • 茶酒金田中のメニュー

  • 茶洒金田中

     

    三色刺身丼、三元豚角煮ご飯です。おいしそうですね!

  • 茶洒 金田中

     

    わらびもちに黒蜜です。まさに和のスイーツ!

1/2