Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

京都に行ったらかわいい和雑貨を買いに行こう♪

京都には可愛い和雑貨のお店がたくさんあります。文具や小物など小さなものならお土産に持ち帰りやすいですよ!京都に行ったら可愛いものを探して雑貨屋さんめぐりをしてみませんか?きっと素敵な和雑貨に出会えますよ!

view117

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 京都には、レトロで可愛い和雑貨のお店がたくさんあります。和柄であっても色が可愛かったりモダンにアレンジされていたりして、若い女性もきっと気に入るでしょう。和雑貨のお店で品物を選ぶ時ってワクワクしますよね!必需品でなくても可愛くて絶対手に入れたいと思えるお気に入りの和雑貨にきっと出会えるでしょう!

  • オリジナル和文具の店「裏具」

  • 「嬉ぐ(うらぐ)」という言葉が店名の由来だそうですよ。嬉しい気持ちを手書きで伝えることができる便箋やハガキに一筆箋など、もらった人に気持ちが伝わる品々が揃っていますよ。

  • 京都宮川町に2006年7月にオープンしました。
    お茶屋を改装し、葉書や一筆箋、ぽち袋など気持ちを伝えるための
    オリジナル文具を扱うお店です。
    出典 :お店紹介 | 裏具
     

    その他にも便箋や封筒、のし袋、巻物、帳面、まめも(すごく小さなメモ帳)など、種類豊富な紙製品が販売されています。和モダンで個性的なものばかりなので、自分用とお土産用に欲しくなりますよ!

  • 裏具

     

    細い石畳の路地を抜けた先にお店があります。お茶屋を改装したお店というだけあって、京都らしい雰囲気ですね。ちょっと入るのに勇気がいりそうですが、店内には和を感じさせるユニークな文具がたくさん!文具好きな方は、ぜひ行ってみてください!

  • 裏具の店内

     

    ずらっと並べられた文具はどれも素敵です。上質な便箋や絵葉書をいつも用意しておくと、お礼状を書かなくてはいけなくなったときにも安心です。お気に入りが見つかったら、手に入れておこう!

  • まめも

     

    とても小さなサイズのメモ帳です。でも200枚も綴られていますので、たっぷり使えます。ほんのちょっとしたメモをしておきたいときに、わざわざ大きなメモ帳は必要ないですよね。そんなときに便利なのがこの「まめも」です。ちょこっとメモしておくことができますよ!また、まめもの柄は種類がたくさんあるので、選ぶのに迷ってしまいます。可愛らしい和柄もあれば、クスッと笑える楽しい柄のものもありますよ!1つ350円なので、ちょっとしたお土産にもいいですね。

  • 和柄の紙製品が揃う「鈴木松風堂」

  • 明治26年、初代・鈴木宇吉郎が上海で手にした紙の万華鏡をきっかけに鈴木松風堂は始まりました。紙加工の老舗として、新しい紙の魅力と可能性を発信しようと和雑貨のお店を開いています。
    出典 :鈴木松風堂オンラインショップ / 店舗案内
     

    思わず「可愛い!」と言ってしまうような紙雑貨のお店です。2階にある体験工房では、紙の箱やあんどん、万華鏡などを作ることができます。自分で柄を選ぶことができるものもありますので、世界で1つの自分だけの作品ができるのが魅力!

  • いろいろな箱

     

    サイズも柄もさまざまな箱。紙といっても丈夫なので、使い道はいろいろ。大切なものを収納したり、文具や裁縫道具、お手紙道具一式などを整理しておくのもよさそうですね。入れ子になっている丸形の箱もありますよ!

1/2