Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

ちょっと食べてみたい!マツコ絶賛グルメ❤️これまでマツコが絶賛したスイーツやお菓子、軽食は?

いつもまにか大人気タレントになったマツコさん。今やCM女王に君臨している彼女(彼?)の影響力は非常に大きく、マツコが「美味しい!」といえば、本当に美味しそう!と思って一度は試してみたくなりますよね。そこで、今回はマツコ絶賛グルメとしてスイーツを中心に本当におすすめな商品やお店を紹介します!

view102

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マツコ絶賛グルメは信頼度が違う?

  • 現在、テレビで食べ物を食べるグルメ系の番組は数多くあり、タレントたちは連日のように新しいお店や商品をこぞって紹介します。そして、当然ですが、それらのメニューについて否定的なコメントは一切言わず、「おいし〜」を連発しています。

    この傾向に多くの視聴者は辟易しているらしく、テレビの「美味しい」ほど当てにならないものはない、と感じている人も多いとか。その原因は、やはり美味しいと言われて食べてみたけど、全然美味しくなかった!という経験をした人も多いからでしょう。

    そのため、グルメ番組をみても、使用されている食材や、作り方、盛り付け方、値段などは意識してみても、タレントのコメントはあまり参考にしていない、聞いていない、という人も増えているようです。

    その中にあって、マツコのグルメコメントが非常に影響力を持つということは、それだけマツコの発言は信頼できると考えている人が多いからです。

    実際にマツコがテレビで美味しいと発言した商品は、売り上げが2倍、3倍になるのは当たり前で、中には8倍以上も売り上げを伸ばした商品もあるそうです。

  • 「銀座千疋屋」の<フルーツサンド>

     

    マツコといえば、炭水化物で太っていることは今ではすっかり有名です。
    牛肉や豚肉が苦手なため、米と小麦粉をメインに食べて、あの体になった、というマツコにとって、サンドイッチはドストライクの食べ物。

    しかし、実は食に保守的、という40代男性らしい感性もあり、フルーツサンドは未体験だったマツコ。

    そのマツコが最初は食が進まない、という感じだったのに、食べて、「意外とイケる!」と絶賛した銀座千疋屋のフルーツサンド。

  • マツコの発言が信頼できる理由として、マツコの体型があることは間違いないでしょう。やはり太っている人は普段から美味しいいものを食べているに違いないと思いますから、その人が美味しいというのは説得力があります。

    また、マツコはグルメコメントでやたらと「美味しい」と言いますが、「私が好きな味」「こういう昔ながらの味がいいのよ」「〇〇な人はいいかも」と万人に向き、という言い方をしないのも特徴的です。

    そのため、自分に合わない商品を消費者が騙されて購入してしまった!ということがないから、信頼を損なうことがないのでしょう。

  • 「廚菓子くろぎ」の<まゆら>

     

    マツコのグルメコメントが好まれるのは、「こういう味が好き」と個人の好みを隠さないことにもあります。

    「廚菓子くろぎ」のまゆらを食べた時には、普段からくず餅のきな粉と蜜のバランスが悪いと思っていた、と発言したマツコ。

    まゆらを食べて、理想的な配分!と称賛したため、ついついマツコの理想的な配分を試してみたい!という気にさせられるのです。

    ここでポイントになるのは、美味しいと言ったら食べたい、と思ったのではないということです。

  • 「カフェ中野屋」の芸術的イチゴスイーツ

     

    正式名称:「苺とイチゴのソルベ,ストロベリーマルメラータとシチリア産ピスタチオムースのいちごづくしパフェ フレジェ風」

    また、マツコは一般的なバランス感覚がとても良いため、長い商品名や変わった商品には「なんなのよ」と適度な突っ込みも入れてくれるのも、信頼度が増す理由です。

    さらに、「カフェ中野屋」のデザートを食べたときには、「もう一個ないの?」とおかわりを要求しました。

    このように、言葉だけで、美味しさを伝えるよりは、「美味しいからもっと食べたい」という素直な反応があるのもマツコらしいコメントです。

  • とんかつまい泉の<ポケットサンド>

     

    また、炭水化物が好物、というマツコは炭水化物系の商品を本当に美味しそうに食べます。

    とんかつまい泉のポケットサンドを食べた時には、「まい泉はよく食べている」、と言いながらこの商品は食べたことがない、と発言しつつ、試食。このようなときに、多い発言として、「今度、買おう」があります。

    これも聞いていて、「私も買おう!」と思わせる一言です。