Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

【日本三大祭の1つ!!】天神祭を満喫しちゃおう

夏と言えば祭り!祭りと言えば日本三大祭!!
大阪では天神祭が有名ですね♪今回は天神祭について詳しくご紹介します。今年の夏も盛りあがっちゃいましょう。

view34

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『天神祭』ってどんなお祭り?

  • 天神祭(てんじんまつり、てんじんさい)は、全国の天満宮(天神社)で催される祭り。祭神の菅原道真の命日にちなんだ縁日で、25日前後に行われる。一年のうち1月の初天神祭など、ある月に盛大に行われることがある。
    出典 :天神祭 - Wikipedia
  • 大阪天満宮の天神祭は6月下旬から7月25日までの約一ヶ月間にわたり行われる。25日の本宮の夜は大川(旧淀川)に多くの舟が行き交う船渡御が行われ、奉納花火があがる。
    出典 :日本三大祭り
     

    なんと一ヶ月にわたって行われるお祭りなのです!

  • 日本三大祭の一つ
    25日の本宮での渡御が最大の見どころ。午後3時30分より催太鼓を先頭に陸渡御列が大阪天満宮表門を出発。
    出典 :天神祭のイベント情報|ウォーカープラス
     

    日本三大祭は『祇園祭(京都市八坂神社)』、『天神祭(大阪市大阪天満宮)』、『神田祭(東京都神田明神)』の三つですよ。

  • 大川に映る篝火や提灯灯り、花火などの華麗な姿より火と水の祭典とも呼ばれている。他に鉾流神事(ほこながししんじ)、陸渡御(りくとぎょ)などの神事が行われる。24日宵宮、25日本宮。
    出典 :天神祭 - Wikipedia
  • 鉾流神事
    神鉾講より推挙された大阪市立西天満小学校の6年生の男子の神童によって鉾流橋の水上より鉾を流す。
    出典 :天神祭 - Wikipedia
  •  

    神童に選ばれる男の子は大役を任されるのですね!

  • 陸渡御(りくとぎょ)

     

    大阪天満宮の氏子・崇敬者たちで結成された「講」と呼ばれる多くの団体が、渡御の御供を行う行列を仕立てます。渡御とは神様がお出ましになるという意味なんですよ。

  • この陸渡御は勇壮な催太鼓を先頭に、神様がお乗りになる御鳳輦を中心に行列が進んでいき、鳳神輿、玉神輿が渡御列の最後を飾ります。陸渡御を終えるといよいよ船渡御の開始です。
    出典 :天神祭総合情報サイト|大阪・天神祭とは
  • 船渡御(ふなとぎょ)

     

    船渡御とは、祭礼などでの神事の一つで、神体や神霊を船に乗せて川や海を渡すことを指します。天神祭では菅原道真公の御神霊をお乗せします。

1/2