Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

あの話題のキューレーションストア“ラガク(la gaku)”へ行こう!

10月10日に神楽坂に話題の“ラガク(la gaku)”がオープンしました。神楽坂の街の雰囲気を壊さずに考え設計された倉庫をリノベーションした小さいけれど、ギュッと詰まったおしゃれなショップ。洗練された雑貨などを売っています。
おしゃれな女子は絶対行くべきラガクの魅力をまとめました。

view2533

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • “ラガク(la gaku)”に行こう!

  • 10月10日に新たに神楽坂にキューレーションストアとしてお目見えした“ラガク(la gaku)”
    「衣・食・住+知」 をコンセプトに、その分野で選び抜かれたスタイリストや専門家がキューレーションした商品が並びます。
    ファッションはもちろん、生活雑貨、北欧の家具を置いてあるところに、カフェが併設され、さらに新潮社だった倉庫をリノベーションしているため、選び抜かれた本が販売されている「ソウコ」と言われているコーナーも。
    知的な部分の神経をくすぐられる部分も今までのセレクトショップとは違った場所になること間違いなしですね。

  • ラガク(la gaku)

     

    10月10日にオープンした、「衣・食・住+知」に関する新しい価値観が沢山詰まったキューレーションストア。洗練されたブランド・ショップは、どれも見ごたえがあり、一日いても飽きなさそう。
    もともと、新潮社の倉庫だった店舗は、そのままリノベーションして設計されたため、外観は損なわず、新しい命が吹き込まれた印象を受けます。

    新潮社とサザビーリーグがパートナーシップを持って提案されたいわゆる「セレクトショップ」とは異なったラガク(lagaku)へぜひ一度行ってみませんか?

    住所:東京都新宿区矢来町67番地
    TEL:(ショップ)03-5227-6977 (カフェ)03-5579-2130
    営業時間:(ショップ) 11:00~20:00、(カフェ) 8:00~22:00(21:30 L.O.)

  • ラガク

     

    倉庫をリノベーションして作られているだけに、空間もビンテージなイメージがあります。その中に、センスあふれる商品を提供していくれています。

  • 「la kagu」は ファッション、生活雑貨、カフェ、家具、ブックスペース、レクチャースペースをそなえた、スペシャリティストアです。各カテゴリーの”キュレーター”(=目利き)たちが、自分の経験と感覚を頼りに"本当にいいもの”を厳選し、 おすすめします。
    出典 :la kagu | about
     

    ミニマルな空間にギューっとハイセンスの物がキューレーションされた新しいショップです。
    実際に、その分野でスペシャリストの方のキューレーションされた商品を目の当たりにして、今までと違った感性が研ぎ澄まされそう。

  • “ラガク(la gaku)”の魅力をもう一度

  • おしゃれなアパレルや雑貨はもちろんのこと、ラガク(la gaku)では、こちらがもともと新潮社の倉庫だったこともあり、もうひとつ「知」について重点を置いています。
    本についてブックディレクターの幅允孝さんがセレクトした本も販売されています。ここがまた、このキューレーションストアの魅力です。

  • トークショーなどが行われます

     

    新潮社の本の倉庫を利用していたため「本」についてもピックアップしている“ラガク(la gaku)” ここがいわゆる、ラガク(lagaku)の「知」と言われる部分です。
    本にまつわるトークショーなどのイベントも随時予定されています。チケットも予約できます。
    大人っぽい「知的」な部分の感覚を養ってくれる、また違ったコンセプトがあるのが、ワクワクしますね。

  • カフェも併設されています

     

    雑貨が販売されている横でカフェも併設されています。
    こちらは朝8時から営業しているので、通勤前に一息入れるのも。
    「コダマ」がオペレーションをしているお店です。

  • 今回、「la kagu」に行くまでは、いわゆる“セレクトショップ”なのだろうなと思っていたのだけれど、実際に行ってみると、想像とはかなり違っていた。みなさんも行ってみるとその違い、衣食住+知の“知”の意味がわかるはず! 個人的には本をもっとゆっくり見てみたいのと、やっぱり“食”にひかれてしまった。
    出典 :神楽坂に本日オープンのキュレーションストア「la kagu(ラカグ)」最新レポート! - Excite Bit コネタ(3/3)
     

    カフェもに鎌倉の人気店「LONGTRACK FOODS」の馬詰佳香さんがキューレーションしてくれた、ここでしか食べられないものも!
    こういう今までとちょっと違うコンセプトがまた行ってみたい!と思わせますね。