Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

函館観光2回以降の方必見!こんな散策も楽しいですよ。

函館は見どころが盛りだくさんの、まさに観光都市。もちろん王道の観光スポットなら何度足を運んでも感動できます。ただ、港から入ってくる外国の文化に、いち早く触れていたこの地ならではの面白い見どころがたくさんあるんです。また人気スポットの別の見方など紹介してみます。

view846

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 意外に多い!函館が「初」の観光スポット

  • 幕末に開港してから、函館には西洋の文化がいち早く伝わってくる場所になったそうです。どこよりも早く新しい文化を吸収した函館ならではの建築物など、実は数多く残っているんです。興味のある方、ぜひ足を運んでみては?

  • 日本最初の鉄筋コンクリート製寺院「東本願寺函館別院」

     

    瓦の枚数は実に3万3千枚。明治40年に大火で再建工事が行われたとき、耐火構造としてアメリカ製の鉄筋コンクリートによる建築が進められました。当時、寺院にはありえないとして地元から猛反発があったそうです。現在は国の重要文化財となっています。

    函館市元町16-15
     Tel・・・(0138)22-0134

  • 何といってもその大きな瓦屋根が印象的でした。坂をのぼりきるとちょうど目線の高さで瓦屋根を見る事が出来ます。
    出典 :東本願寺函館別院 [函館]のクチコミ・評判・感想 - フォートラベル
     

    北海道では珍しい瓦屋根。しかもこの枚数。圧巻です。

  • 北海道で最初の公園「函館公園」

     

    明治12年に開園された公園です。建築に市民が賛同し、資金面や建設労力が提供されたという、市民参加により造られた他にはない公園とも言われています。

    函館市青柳町17番地
     Tel・・・(0138)22-7255

  • 函館公園内「こどものくに」には日本最古の乗り物が!

     

    昭和31年開園の函館公園内「こどものくに」。その中にひときわ風情のあるたたずまいを見せている観覧車、これが日本最古。こどものくに開園の2年前、五稜郭公園で開催された博覧会で使われたものを移設したそうです。個室のようになっていないのでドキドキの乗り心地です。

    函館市青柳町17番4号
     Tel・・・(0138)22-5039
     営業時間
      平日・・・11:00~16:00
      土日祝・・・10:00~17:00
     営業期間・・・3月下旬~11月上旬
      ※11月は土日祝のみの営業
     定休日・・・雨天・天候不順
     1遊戯施設・・・300円
     回数券(8回分)・・・2000円

  • 公園内の動物飼育施設も北海道初!

     

    動物園というより、動物にエサなどを挙げることができるふれあいゾーン。函館公園開園当初からある施設で、動物を飼育している施設としては北海道内で最初となります。

    函館市青柳町17番地
     Tel・・・(0138)22-7255
     営業時間
       4月~10月・・・9:00~16:30
       11月~3月・・・9:00~16:00
     無休・無料

  • 北海道有形文化財「函館博物館」

     

    明治12年開拓使函館仮博物場として開場しました。中には考古学、歴史、アイヌ民族などの資料、伝統工芸など展示されています。日本国内でも地方博物館としては日本最古。北海道有形文化財に指定されています。

    函館市青柳町17番1号
     Tel・・・(0138)23-5480
     営業時間
       4月~10月・・・9:00~16:30
       11月~3月・・・9:00~16:00
     定休日・・・月曜・祝日
       毎月末金曜・年末年始
     料金・・・大人:100円 
       小学生~大学生:50円

  • 観光地というよりは、市民の公園といった印象ですが、函館の歴史と、レトロな可愛らしさがギュッと詰まっていました。
    出典 :函館公園 [函館]のクチコミ・評判・感想 - フォートラベル
     

    地元の良さを感じることができる公園です。

1/3