Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

大阪ではずれなしのお土産には何があるかな?

食い倒れの大阪だけあって、はずれなしのお土産もたくさんありそうです。どれも全部お土産ではなくって、自宅使い用として購入して、大阪の味を楽しみたいですね。今回は、食べるものばかりのお土産ですが、大阪方面へお出かけされる方は、ちょっと足を延ばしてお店へ出かけてみてくださいね♪

view164

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 北極 アイスキャンディー

     

    アイスキャンディーだから冷たいんだけど、家族と一緒にほっこりしてもらうのにいいよね。8人の職人さんが、1日に6000本も作ってくれているということですよ。えっ!8人だけでなんですね。ありがとうございます。

    大阪府大阪市中央区難波3-8-22
    06-6641-3731
    営業時間/10:00~22:00
    定休日/年中無休

  • 北極のアイスキャンデーの特徴は、斜めに刺さったこだわりの棒でしょう~!……偶然ではなく、わざと斜めに。それは日本で最初に、北極がお持ち帰りの箱に、ドライアイスを入れた会社で、割り箸を斜めにすることにより、ドライアイスのスペースを確保しやすいからというアイデアなんです。また使用されている 割り箸は奈良県吉野産のひのきと香り柔らかな杉で抗菌作用もあるそうです。
    出典 :大阪名物 北極のアイスキャンデー|☆Pure Life☆
     

    さすが大阪のお店ではないかと…。無駄なく効率よくということですよね。

  • 大阪高麗橋 菊屋

     

    大阪随一の老舗和菓子屋で、本店の方では茶寮も併設されているということなので、出来立てをいただけたりするのかな?最中は人気があるそうなので、一度食べてみてくださいね。

    高麗橋本店
    大阪市中央区高麗橋2-2-12
    06-6231-2001
    定休日/日曜日
    営業時間/本店AM9:00~PM7:00
    土曜日のみAM9:00~PM6:00

  • 大阪高麗橋の御菓子司「菊屋」の登録商標「菊づつみ」はパッと見、キレイに菊が咲いたようです。カットすると黄身餡入り…。白餡とは違って、コクのある美味しさ! 焼き菓子なので、日持ちは10日間。
    出典 :★大阪高麗橋「菊屋」の焼き和菓子・菊づつみ☆大丸心斎橋店B2F|大阪・心斎橋「カフェ茶の子」☆美人粥&手作りスイーツのくつろぎカフェ♪
     

    黄身餡はコクがあるんですね。名古屋人好みなのかも…。日持ちは10日間でも、アッと食べてしまうかもね。

  • 豊臣家の御用菓子司であった頃から屋号や意匠に菊花を用いてきたとかで、この菊模様の最中は代表的な銘菓だ。漉し餡の「名菊」、粒餡の「甍」があるのだが、粒餡好きの私もこの最中はどっちも大好き。
    出典 :高麗橋・菊屋の最中: 極にゃみ的日常
     

    最中も聞く模様を使っているんですね。こしあんも美味しいということだけど、つぶあん好きの人間はこしあんのものは一度食べてみないことには、好きになれるか分からないんですよね。誰かお土産で買ってきてくれないだろうか。(自分で買えって…。そうですね)

  • 庵月堂

     

    昭和天皇もお召し上がりになられた和菓子屋になります。代表銘菓は庵月最中ですが、吉野葛を使い、日本酒の原水となる湧水を取り寄せて作られた氷まんじゅうも、夏に爽やかさを届けてくれる一品ですよ。

    大阪府大阪市中央区東心斎橋2丁目8番29号 心斎橋よりヨーロッパ通り東入
    06-6211-0221
    営業時間/平日10:00~21:00・祝祭日10:00~18:00・日曜日定休
    ※支店は各百貨店に準ずる。

  • カステラ ラスクをいただきました。フランスパンのラスクは大好きで良く食べるのですが、カステラのラスクはお初です!カステラの甘さはそのままに、かる~い食感でサクサクなんだけど密度がしっかりしている感じ・・・。牛乳のオトモに最高です。
    出典 :カステーラの長崎堂 - ナニワーゼの大阪ええとこ安いとこ
     

    カステラのラスク。う~ん。どんな食感なのか分からない。一口食べるとボロボロしないのかな。一度食べてみたいですね。

  • 大阪心斎橋 長崎堂

     

    長崎の希少な茂木枇杷を入れた清涼菓子や、珍しい絵柄入りのカステーラなどがあります。絵柄入りのカステーラは、お祝い事やブライダルにいいですね。

    大阪市中央区心斎橋筋2丁目1番29号
    06-6211-0551
    営業時間/10:00~18:00

  • 私の好きな山崎豊子は小倉屋山本の3代目の実の妹とか、山崎豊子の小説からにじみ出る人柄を思うとき真摯に佃煮を作り続けた会社は信用に足るものでした。
    出典 :大阪名産 小倉屋山本 山崎豊子さんの実家の塩昆布を取り寄せた - お取り寄せでほんの少しグルメしてみた
     

    お店のことを書かれた小説で、この方は小説家デビューをしたんですよね。塩昆布などは大好きで、よく食べるのですが、こちらのお店のものを食べてみたいと思いました。また小説も読んでみたいですね。