Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

美術館に行ってみない?雑多な日常から解放だー

毎日仕事仕事で、平凡な毎日を送るっていると、たまには何かいつもと違うことをしてみたくなりませんか?日常とは違う別世界へタイムスリップ!作品を見るのもいいけど、美術館そのものもお洒落だとうれしいね。

view26

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「十和田市現代美術館」

     

    『アートの街』を目指している十和田市。美術館入口近くに展示された全身フラワーの馬が目印。ユニークな展示法をとっているのが目新しい。

    青森県十和田市西二番町10-9
    tel 0176-20-1127

  •  

    ロン・ミュエク(オーストラリア)作のスタンドウーマンは、高さ約4mの女性像、リアルすぎて迫力大。まじかで見るとびっくりする。

  •  

    オノ・ヨーコ作 念願の木は、自分の願いを紙に記し、木の枝に吊るして いくことで作品が完成する参加型の作品。

  • 「街全体をひとつのアート空間に」。そんな思いから始まった十和田市のアートプロジェクト。
    出典 :十和田市現代美術館 | 東北ウォーカー
  •  

    十和田市現代美術館 真っ赤な床に花の絵が印象的なカフェもあります。少しゆっくりコーヒーでもいかが。

  • 茨城県近代美術館

     

    本と西洋の近代美術を中心に、モネ、ルノワール、ロダンや横山大観、小川芋銭、中村彝など茨城ゆかりの作家の作品を収蔵している

    茨城県水戸市千波町東久保666-1
    tel 029(243)5111

  •  

    茨城県は、横山大観、木村武山ら日本画家、また、大正期に活躍した中村彝らの洋画家など、日本の近代美術の展開において重要な役割を果たした作家を多く生み出しています。

  •  

    中村彝(つね)(1887-1924)は大正期に活躍した茨城県水戸市出身の洋画家です。美術館西側には晩年の中村彝が制作していたアトリエが復元されています。

  • 画家でファッションデザイナーの中原淳一さんの茨城県近代美術館で生 誕100周年記念中原淳一展が気になってググったら余計行きたくなってしまった(*´ -`)
    http://t.co/UtGswecDaC
     

    今開催中のイベントですね。是非足を運んでみて!

1/3