Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

オシャレな陶器が欲しい!そうだ!秋の益子陶器市に行こう!

おしゃれな和食器って、洋食にも和食にも合うので、意外と便利ですよね。そういう和食器が手軽に欲しいと思っている方は多いはず。そんな希望をかなえてくれる陶器市。益子では秋にも陶器市をやるそうですよ。ぜひ行ってみませんか?

view442

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 秋の益子焼 陶器市はいつ開催される?

  • 掘り出し物が沢山!

     

    11月の3連休に行われる陶器市。益子焼が沢山。

  • 陶器市は1966年(昭和41年)から始まり、例年、春のゴールデンウイークと秋の11月3日前後に開催されます。
    販売店約50店舗の他約500のテントが立ち並び、伝統的な益子焼から、カップや皿などの日用品、 美術品まで販売されます。テントでは新進作家や窯元の職人さん達と直接会話を楽しむことができます。
    出典 :益子町観光協会のホームページです
  • 実店舗の他、窯元が約500近くのテントを出し春は約40万人、秋は約20万人の人々で賑わいます。 ■次回の陶器市は 2014年11月1日(土)~11月4日(火)の予
    出典 :益子焼 やまに大塚 陶器市
  • 陶器市の楽しみ方

  • 若手作家さんの作品も

     

    なかなか見ることができない、直接買うことができないマイナー(と言っては失礼)な作家さんの作品にも出会える

  • 益子大陶器市会場のほぼ真ん中辺、陶芸メッセ・益子へ向かう坂を登ったところに「かまぐれの丘」という若手作家さんのテントが集まったエリアがあります。このエリアの作品は特に斬新な物が多く、益子焼という枠を外してみても非常に面白い物となっています。
    出典 :7.若手作家の作品を楽しもう!
     

    「かまぐれの丘」で掘り出し物をゲット!

  • 販売店約50店の他、約500のテントが立ち並び、湯呑みや箸置き、お皿、コーヒーカップなどの日用雑器から壷・花器などの美術品まで通常の価格より安い価格で販売されます。また、テントでは、新進作家や窯元の職人さん達と直接、会話を楽しむことができます。
    出典 :益子陶器市 [栃木県益子町公式ホームページ]
     

    直接作家さんと話ができるのも陶器市ならでは!

  • 陶器市の戦利品

     

    こういうものが安く手に入るんです

  • 気になるお値段は、かなりうる覚えなのですが、急須は二千円しなかったと思います。お皿は、一枚¥1200と記憶しております。やはり今回は、かなりお買い得なのではなかろうか?とにかく、大変お気に入りのコ達になっております。
    出典 :2013年秋の益子陶器市戦利品 : ecrue 日々のくらし
     

    やっぱり陶器市は安いんです

1/2