Plaholi
ぷらりおでかけ情報まとめサイト

ここ数年急拡大!山岡家ってどんなラーメン屋?

ここ数年、北関東を中心に、急速に全国に拡大を続けている謎の赤い看板のラーメン屋「山岡家」。横浜家系に似ていますが、違うという人も多い「山岡家」ですが、いったいどんなラーメン屋なのか、ご紹介したいと思います。

view3223

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 山岡家の歴史

  • 昭和55年2月に東京都江戸川区中央1丁目15番24号において (有)丸千代商事(出資金6,000千円)を設立し、弁当のFC店を開業したのが始まりです。
    出典 :ヒストリー
     

    最初はラーメンではなく、弁当屋さんだったんですね。

  • 昭和63年9月に屋号を「ラーメン山岡家」として茨城県牛久市に開店し、 現在の営業スタイルの原型となる24時間、年中無休での営業を開始しました。
    出典 :ヒストリー
     

    弁当屋は諦めて、ラーメン店に業態変更し、茨城の牛久に1号店ができたんですね。
    それにしても24時間営業、年中無休のスタイルは今でこそ多くなりましたが、当時としては思い切ったチャレンジですね。

  • 記念すべき1号店、牛久店の外観

     

    チェーン展開はここ数年のため、比較的新しい店舗が多いですが、この1号店は開店当時そのままの状態を保っています。

  • 現在出店している山岡家の建物

     

    チェーン展開をしている山岡家の多くの店舗はこのようにこぎれいな感じにまとまっています。
    これならだれでも入りやすいかも。

  • 平成18年2月 ジャスダック証券取引所に上場(証券コード:3399)
    出典 :ヒストリー
     

    茨城発の山岡家が全国展開のみならず、ジャスダック上場まで成長していたとは驚きました。
    今現在の会社名は「株式会社丸千代山岡家」、本社は札幌にあるそうです。
    関東事務所が茨城県つくば市内にあります。

  • これが山岡家のラーメンだ!定番メニューを紹介

  • 醤油ラーメン(590円)

     

    山岡家の原点の味。濃いめの豚骨醤油のスープに、固めの太麺が入ります。
    具材はチャーシュー、海苔3枚、ほうれん草、薬味のネギが定番です。
    注文時に麺の固さ、スープの味の濃さ、脂の量をお好みで指定できます。
    横浜家系ラーメンにも類似していますが、家系と違い、脂については豚脂を使っています。(家系は鶏脂)

  • 醤油ネギラーメン(690円)

     

    これもど定番のネギラーメン。
    白髪葱が乗り、チャーシューはサイコロ型の角切りとなります。
    ピリッとしたネギの風味が豚骨醤油のスープにベストマッチです。

  • 醤油チャーシューメン(820円)

     

    これもド定番のチャーシューメンです。
    ちょっと甘めの味付けのチャーシューが結構くせになるおいしさです。

1/2